スマホサイトを無料でつくる6つのサービス

井内です。

昨日、10年ぐらい前に
とあるスクールに行っていた時の
同期との飲み会でした。

懐かしい顔ぶれは、
モチベーションを上げてくれますね。

今では、皆それぞれの道を歩んでいますが、

そんな皆も持っているのが、
スマホです!
(iphoneユーザーばかりでしたね(笑))

スマホ依存という言葉がでてきたように、
今、本当にスマホが熱いです!

携帯では依存しなかったのに、
スマホなってから身近にないと不安
という人もいるぐらいです。

その依存を上手くいかすのなら、
スマートフォンに対応したサイトの作成です。

家づくりの場合、
家は高額なため、即決できません。

情報や信用を集めるため、
何度もホームページに訪れます。
いわゆるリピーター訪問です。

これは、売上を上げる要素の一つである、
接触頻度に関わってきます。

つまりは、どれだけ接触頻度を高めるかで、
売上が変わってきます。

となると、いかに手軽に楽に
集められる環境を作れるか、
リピートしやすくさせられるかに、

影響されるのです。

一人暮らしなら、パソコン付けっぱなしで
気ままなくパソコンから
アクセスするかもしれませんが、

家を考えている方は、まず間違いなく、
ファミリー世帯です。

パソコン付けっぱなしの状態は、
考えにくいですよね。

となると、
スマホを片手に、リビングでくつろぎながら・・・
ダイニングでちょっと検索など・・・

特に奥さんが30前後と若い世代ほど、
スマホによるサイトアクセスが多いのです。

そんな状況ですから、
スマホに対応していないサイトは
飛ばされることが多いのです。

パソコン用の大きな画面で考えられた
ページ構成は、

やはり小さな画面では、合っていなくて、
見にくく、ボタンも押しにくいのです。

スマホ人気に影響から、

最近では、無料でスマートフォンサイトを
作ることのできるWEBサービスもでてきました。

紹介しますね。

1.Googleサイト モバイル
⇒ http://goo.gl/IZdpa

2.ヤフー スマホサイトビルダー
⇒ http://goo.gl/fHsMx
※リスティング広告に毎月一定の広告費を
かけていることが利用条件

3.onbile (英語)
⇒ http://onbile.com/

4.IM Creator (英語)
⇒ http://imcreator.com/

5.Edicy (英語)
⇒ http://www.edicy.com/

6.strikingly
⇒ http://www.strikingly.com/

以上の6つです。

これからもスマホユーザーはどんどん増えていくでしょう。

それにうまく対応できるよう、
コストや手間などのハードル低く、

手軽に試せる今回のようなツールは、
ありがたいですね。

これらのサイトで作るデメリットとしては、

・別ドメインになる(SEO対策で不利)
・テープレート型なのでオリジナルな対応ができない
・無料プランだと広告が入ったりする

が挙げられますが、

感覚をつかむ上でも、試してみてはいかがでしょうか。

では、またメールします。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。