ホームページからの集客に大事なこと

井内です。

なぜホームページを作るのか?

それはきっと、ほとんどの方が、
ホームページから集客をしたいからですよね。

実は、設計事務所が集客できるようになると、

・工務店の下請けから脱却
・事例が増え、より集客しやすくなる
・コミュニティが作られ、口コミされる

などのプラスのスパイラルが生まれます。

コミュニティまで、しっかり出来上がり、
そこで常に施主としっかり向き合うことを
忘れなければ、

「家づくり」で求められる
時代の変化をつかむことができ、
置いてかれることがなくなります。

私自身、そういった繋がり・コミュニティを求める
設計事務所には、ぐんと伸びてほしいと思っています。

しっかりと仕事を取っていくために、

まず大事なってくるのは、
“内容をしっかりと作りこむ”ことです。

それが多くのに人に認知され、
実績がついてくると、
ゆくゆく、ブランドになっていきます。

そのポイントになるのが、
3つのCと言われています。

・Customer(市場・顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)

つまりは、

・市場や顧客が求めていて、

・あなたの直接競合がしていないこと、
もしくは、努力すれば勝てることで、

・あなた自身がしたいこと

を見つけて、
そこをつくりこんでいくことで、

必ず結果がついてきます!

ここの本質をホームページにも
反映させることが、

ホームページからの集客には、
大事になってくるのです。

もしホームページからの集客が
上手くいっていないのであれば、

一度、上記に挙げた3つのCを
見直してみてくださいね。

では、またメールします。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。