Googleからの警告!スマホアクセスにFlashは×!

Googleのスマホ最適化支援サービス「GoMo」

Googleのスマホ最適化支援サービス「GoMo」

Googleが、スマートフォンに対して不適切なサイトの
検索順位を引き下げる計画を発表しました!

「スマートフォンユーザーへの更なる検索体験の向上と、スマートフォン環境での閲覧の支障を減らすため、Googleでは近日中に、誤った設定をおこなっているスマートフォン向けサイトに影響のある、いくつかのランキングの変更を予定しています」

 ・グーグル、スマホ対応が不適切なサイトの検索順位を引き下げへ – CNET Japan
 ・スマートフォン向け検索でのランキングの変更について
 
  
下記の例はよく見られる2つのミスとして、発表されています。
ぜひ参考ください。

間違ったリダイレクト

デスクトップユーザー向けページを訪れたスマートフォンユーザーをリダイレクトする際、それぞれに対応するスマートフォン向けページではなく、単一のスマートフォン向けトップページにリダイレクトする。

image00
スマホで「設計例のページ」にアクセスしたのに、
なぜかスマホサイトの「TOPページ」に飛ばされるということですね。

だから、またわざわざクリックして、見たいページまでいかなければならない状況です。
スマホの場合は、クリックすることがPCより手間なので、好まれない状況ですよね。
 
 

スマートフォンでのみエラーが発生する

デスクトップ環境ではうまく再生できるのにスマートフォン端末で再生できない動画をページ上に埋め込んでいる。たとえば、Adobeの「Flash Player」が必要な動画など。

モバイルに最適化されたサイトがない場合に、モバイルユーザーに対して、デスクトップ向けページを表示する代わりに、エラーページを表示している。

これは、検索順位を下げると断言されております。
アドビが怒ってきそうですね(笑)

ページをAdobeのFlashで作りこんでいる方は、まだいらっしゃいますよね。
「かっこよく見せたい」「楽しく見せたい」というところが多いようです。
 
 
私はiPhoneユーザーですが、サイトを見ていて、
「Flashで見えない・・・」というサイトは飛ばしてしまいます。
こういうのにあたるとやはりイラつく方は多いはず。
 
 
もちろんスマホ用に別のトップが用意されていて、
そちらではFlash使わないという仕様なら問題なく、

最近では、トップにPC用のFlashを使っていても、
スマホサイトには使わないようにしてますね。
 
 

検索されたQに対して、最も適切なAを届けたい

・間違ったリダイレクト
・スマートフォンでのみエラーが発生する

確かに、どちらもスマートフォンユーザーからすると
ありがたくないことですね。
 

大事になってきますね、スマートフォン対応。
ユーザも増えてますから、BtoCビジネスは、
絶対にスマートフォン対応はした方が良いですね。
  
Googleが大事にしているのは、
 検索されたQ(クエスチョン)に対して、
 最も適切なA(アンサー)を届けたい

ということです。
 
 
話はそれるかもしれませんが、
家づくりも一緒のような気がします。

建主のQに対して、
設計事務所や工務店が、適切なAで応える。

大事なことですね。
 
 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。