今力を入れるべきなのは「自分メディア」

チラシを撒いても、広告の効果が薄れていたり、
見込み客を取り込めなかったり、
競合他社と差別化ができなかったりと、

集客における悩みは、後をつきません。

これらの悩みを解決するのは解決してくれるのが、
軸となる「自分メディア」を持つことなのです。
 
 
メディアには大きく分けて、ペイドメディア(paid media)、オウンドメディア(owned media)、アーンドメディア(earned media)の3つあります。

今力を入れるべきなのは「自分メディア」

出典:横山隆治著「トリプルメディアマーケティング」

 

ペイドメディア = 関心をつくり、見込み客を集客。

支払いを必要とする広告の出稿により利用できるメディアのこと。
主には、TV・雑誌・新聞・ラジオなどのマス広告や、
リスティング、アフィリエイト広告などのweb広告です。

広告費用を掛けることで、効果を高めることに繋がりやすいですが、
その反面、広告費用を掛けられない場合は・・・効果は薄いです。
 

オウンドメディア = 見込み客を顧客にする関係構築。

自社で所有・運営するメディアのこと。
Webサイトやメールマガジン、リーフレット、会報誌など。

自社でつくりあげるため、ブランディングしやすく、
費用面でも比較的コントロールが利きやすいです。
 

アーンドメディア = 共感を得て、クチコミ拡散。

一般の方からの評判や信用などを得るメディア。

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを利用した
オンラインのコミュニケーションによって、
認知向上や共感してもらうことで、クチコミ効果が得られます。

その反面、一般の方が主動になるため、
コントロールが出来ないメディアでもあります。
 
 
 

最適なコミュニケーションを通じで、信頼関係構築をする!

「自分メディア」として、これから力をいれるべきなのは、
オウンドメディアです。

そして、多様化するWebマーケティングで、今もっとも求められるのは、
最適なコミュニケーションを通じて、ユーザーと信頼関係構築をすることなのです。
 
今力を入れるべきなのは「自分メディア」
 
メルマガでも、ブログでも、Facebookでも、
youtubeでも、Twitterでも・・・・

どれでもいいので、

軸になる「自分メディア」を持ち、見込み客や顧客と関係を構築していってください。
この方法をこつこつ続けていくだけで、あなたにとっての「資産」にもなります。
 
 
大切なのは、

「軸」となるメディアに徹底的に絞り込んで
まずは、そのメディアを「育てて」いくこと。

 
 
圧倒的に早く成果が出すには、
まずは「軸」を決めることがまず大切です。

限られた時間の中で、全てのメディア、ソーシャルメディアに
手を出すことは得策ではありません。
もちろん、できるなら全てをやった方がいいですが・・・
 
 
あなたが「軸」とするメディアは何でしょうか?
是非、絞り込んで、そのメディアを強化してくださいね。
 
 
ちなみに私は「メルマガ」です!
 
 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。