設計事務所のポジショニング戦略とは?

井内です。

今日は、ポジショニング戦略について
詳しく話をしていきたいと思います。

ポジショニングとは、簡単に言えば
あなたが戦う土俵を決めることです。

この土俵選びで、

ライバルが変わってきますし、
売る相手も変わってきます。

あなたが高確率で
勝てる土俵を見つけることは、

顧客を獲得していくこと、
そして売上を上げるために、

非常に大事になってきますので、
ぜひ読んでください!

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

大手と反対の立場で戦うことが肝

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

あなたが商圏としているエリアには、
良く売れている工務店や
設計事務所の競合がいるはずです。

要するに、
市場シェア占有率が高いライバルです。

分かり易く別の例で説明しましょう。

ハンバーガー業界のNo,1と言えば、
何でしょうか?

もちろん、マクドナルドですよね。

あなたが今から
ハンバーガー業界に参入するなら、
どのようにマクドナルドと戦いますか?

価格をマクドナルドよりもさらに、
安くできるよう努力するでしょうか?

それとも、商品提供までの時間を
さらに短縮して戦いますか?

豊富な商品ラインナップを
揃えるようにしますか?

色々な戦い方があるかと思いますが、
一番やってはいけない戦い方があります。

それは、マクドナルドと同じ土俵で戦うことです。

これは、「ハンバーガー業界で戦うな」
ということではなく、

同じことでマクドナルドの
さらに上をいこうとすることです。

これは、無謀としか言えません。

では、どのようにして戦えば良いのか?

それは、
“マクドナルドの真逆のことをやる”
ことです。

マクドナルドは、低価格戦略を取っています。

コストを抑えて、販売価格を抑えると、
どうしても使用する材料の質は落ちます。

その部分の反対のポジションとは?

高価格戦略にして、
材料は良いものを使用する

ということです。

それを実践して、ハンバーガー業界で
市場シェアを確保しているのが・・・

モスバーガーです。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

人と同じことをしても目立たない!

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

なぜ、反対のポジションを確立する
必要があるのかと言えば、

それは、顧客に覚えてもらうためです。

人は、知らない店にはいけないし、
商品やサービスを買うこともできません。

ましてや人生で一番高い買い物で、
一生ものとなるであろう家ならなおさら、

まず知ってもらうことから始まります。

人と同じことをやっていたら、
目立たないし印象に残りません。

だからこそ、真逆のことをして、
相手に印象を残す必要があります。

設計事務所の方々とお会いさせてもらうと、
人と違うデザインは皆さん求めていますが、

ポジショニングという切り口での違いまでは、
徹底されていないんですよね。

このことを念頭において、
あなたのポジション、戦う土俵を
決めてくださいね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。