いいものをつくれば勝てるという考えは間違っている。

先日、「コトラー・カンファレンス 2013」(主催:日本マーケティング協会、日本マーケティング学会、ネスレ日本株式会社)にて、現代マーケティングの第一人者であるフィリップ・コトラー氏が「マーケティングの未来:成熟市場で日本企業がとるべき8つの方法」と題して講演を行いました。

コトラー・カンファレンス 2013

コトラー・カンファレンス 2013

コトラー氏、低迷する日本を語る「いいものをつくれば勝てるという考えは間違っている。顧客を知ることも大切です」

 

住宅業界にいま足りないのはカスタマー

コトラー氏は講演の中で、いま足りないものを「カスタマー」であると唱え、顧客になるだけでなく、商品やサービスにコミットしてくれる人が必要と唱えています。※コミット = かかわり合うこと。関係すること。

顧客になるだけでなく、商品やサービスにコミットしてくれる人。さらには「彼らに会社を愛してほしい」と語る。ここで「カスタマーオーナー」という考え方を紹介。これは、まるで会社のオーナーのように、その会社のために献身的な活動をしてくれる顧客を指し、購入して気に入ってくれたら他の人に勧め、製品やサービスについてのアイデアをくれる顧客のこと。「カスタマーの10%でもそうなってくれたらいい」と言う。

施主の全てがそうなることは難しいですが、あなたの設計や考え方に賛同してくれるコアな施主は、財産になります。

また、そのコアな施主がイベントを行ったり、コミュニティを作ったりと、自発的に行動できる環境をつくることで、作り手側だけの視点ではない、新しいコトが生まれます。だからこそ、施主と常に向き合うことが大事になってきますよね。

またコトラー氏は、愛される会社の条件として、下記の8つを挙げています。

  1. すべてのステークホルダーに注意を払っている。投資家やオーナーだけではなく、チームとしてみんなが働く。
  2. 経営者が会社を愛している。そして多額の報酬をもらっていない。
  3. 非常に話しやすい経営者。部下が気楽に提案できる。
  4. 社員の報酬が高い、研修期間も長い
  5. カスタマーに興味をもっている
  6. サプライヤーを重視している、買いたたいたりしない。
  7. コーポレートカルチャーがある
  8. マーケティング予算が低い

施主が、その設計・デザイン、考え方・暮らし方を、愛して協力してくれるからこそ、その家での暮らしで、どんなに自分がハッピーかを宣伝してくれます。

施主と向き合うことを続けることで、ニーズやウォンツを把握でき、マーケティング予算が低く抑えられるのです。

コトラー氏は、「日本の会社は問題の解決策はいいものをつくること、それで勝てると言いがちですが、そうではありません。やはりカスタマーについて考えるべきです」と言う。企業が提供する商品・サービスは顧客の満足、喜びにつながるものでなければならない。ブランドをしっかり確立すること。目的が明確なマーケティングを行い、世界にどのような違いをもたらしたいのかをはっきりさせること。単にお金をかせぐだけでなく、人間の生活、喜びにどう貢献できるのかを考えること。より高い目的、視点が必要だと語った。

いい設計、いいデザインだけをすれば求められる、そんな時代ではなくなってきています。

個性ある設計・デザインで、施主の生活や喜びに貢献していくためには、まずは、自身の考え方に共感できる見込み客を囲い込むことから、必要になってきますね。

 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。