400年に一度の大仕事級の現代の家づくり!?

井内です。

今日は日本の住宅の歴史について、
お伝えしていきますね。

歴史を振り返るとわかりやすいのですが、

日本の住宅建築は400年ごとに
革新を遂げてきていると言われています。

■西暦元年の頃は竪穴式住居です。

■西暦400年に高床式に移ります。

竪穴の湿気の多い不衛生な環境から、
乾燥した通風のよい快適な
高床式住居への移行をしています。

■西暦800年になると、寝殿造りが盛んに。

宗教が伝来し、宗教心も高まり、
神社仏閣が数多くつくられるようになります。

それが住宅建築のモデルとなり、
後の寝殿造りとなっています。

■西暦1200年には、戦国時代に突入します。

戦火で焼け落ちない耐火性の強さなどを求められ、
白壁や瓦を使った、武士の家としての武家づくり、
別名「書院造り」が住宅のモデルとなります。

■平和な時代の西暦1600年になると、

千利休らの影響もあり、
わび、さびを基調とした「数寄屋造り」が生まれます。
今で言う在来木造軸組み工法ですね。

ここまでのこの話、
建築家の菊竹清訓氏が説いている話なんです。

菊竹氏はこの後、
「日本型住宅が21世紀の世界の理想住宅となる」
と述べているそうですが、

「日本型住宅」という表現が抽象的で、
なかなかイメージがわきませんよね(苦笑)

2000年代に入り、この次なる革新を・・・

とある方は、「パネル工法」と
おしゃっていました。

とある方は、「200年住宅」と
おっしゃっていました。

とある方は、「建築家との家づくり」と
おっしゃっていました。

さて、あなたはどんな風にお考えでしょうか?

次回は、私自身がこの歴史の上で
感じたことをお伝えしたいと思います。

楽しみにしててくださいね。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。