あなたに問い合わせが少ない理由とは?

ラーメンが大好きで、出張先では、
飛び込みで、ご当地ラーメンを
堪能するのですが、

知らない町でのスナックの扉を開けるのは、
未だに怖いですね(笑)

・・・わからなくて、不安だから(笑)

さて、

無料レポートでもお伝えしました、
よく閲覧されているページ、

新規訪問では、
設計例、お客様の声、コンセプト。

リピート訪問では、
ブログ、設計例、施主ブログ一覧。

なぜこれらがよく見られるのでしょうか?

その理由は・・・

「わからなくて、不安だから」です。

どんな家を建てているのか?
すでに住んでいる方はどんな感想なのか?
どんな考え方で家を建てているのか?

どんな人が設計しているか?
住んでいる人はどんな暮らしをしているのか?

見込み客は、家づくりに対して、
何が起きて、何がどうなるのか???
分からなくて、不安なのです。

だから、その不安を解決しようと行動します。

でも、その不安を解決できないようだと、
行動はしなくなっていきます。

例えば、資料請求にしても、
資料請求した後、何が起きるのか?
よく分からないですよね。

何日後に資料が届いて、どんな中身で、
どんなセールスがかかってくるのか・・・とか。

しつこい営業電話がかかってくるのでは?
一度、電話をとったら切らせないように、
巧みなトークをしてくるんじゃないか?

などなど。

分からないから、不安なのです。

最近、工務店では、「電話しません」と
言い切ってるところもあります。

だから、資料を請求したとしても、
電話はかかってこないとわかれば、
安心して請求できますよね。

人は、少し先の未来に何が起きるのか?を
具体的にイメージできればできるほど、
行動しやすくなるものです。

例えば、展示場やモデルハウスでも、

普段から行きまくってる人にとっては
何てことはないですが、

世の中には、展示場やモデルハウスに、
まだ行ったことない人がたくさんいます。

そういった人はもしかしたら、

行ったが最後、ドアに鍵をかけられて、
契約するまで帰してもらえないのでは・・・

なんか強面のオジサンがでてきて、
契約書にサインさせられるのでは・・

なんて事を考えるてるかもしれません。

設計事務所でも同じです。

電話したらどんな人が出るのか?
何を言うべきなのか?

下手なこと言ったら、
心の中でバカにされるんじゃないかとか。

こういうちょっとしたことで、
人は行動するのを不安がってしまいます。

だからこそ、それらの不安を
取り除く必要があります。

これから何が起きるのか?
何が待ってるのか?どうなるのか?

などをしっかりと公開することで、
それらの不安は解消することができます。

その役割に、24時間365日働いてくれる
ホームページは、適任ですよね。

ディズニー、キッザニアという
子供の楽園のような場所ですら、

中で何が起きるかが分からなかったから、
子供たちは不安がります。

ディズニーであれ、場末のスナックであれ、
わからなくて不安だと、何もできなくなります。

それを考えると、あなたの見込み客は、
どれだけ不安がっているでしょうか?

一度想像してみるといいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。