インターネット集客で失敗する理由

昨日はとあるセミナーに出席してきました。

「次世代型最強ホームページ」についての
セミナーです。

私自身の世代柄もあるのでしょうが、
多くの方の集客相談で多いのが、

「インターネットで集客していく上で、何からやって良いか分からない!」

ということです。

もしかしたら、あなたも同じ悩みを
抱えているかもしれません。

私自身は、ある意味この悩みは
当たり前なことではないかと思っています。

なぜか?

その最たる原因は、世の中全体が、
『マルチデバイス・マルチメディア化』
しているからに他なりません。

一体どういうことか?

今、スマホだのタブレットだの、iPadミニなど
Kindleと言ったかたちで、様々な端末が出ています。

また、PPC広告、SEO対策、Facebook、ブログ、
Twitter、Line、Youtubeなど数多くのメディアが存在します。

こんなカオス状態とも呼べる中で、
どのような順番で、どのような組み合わせで
マーケティングをしていけば良いのか?

この部分がハッキリしない方が多いのです。
これは、コンサルタント側にも多いです(苦笑)

そんな中で、みんながFacebookをやっているから、
Lineを利用している人が多いからなどと言った

流行りの技術やテクニックを、
安易な考え方で取り組む人が後を絶ちません。

ですが、そのようなかたちで飛びつけば、
必ずと言って良いほど失敗します!!

そして、失敗すると・・・

やっぱりFacebookはダメだとか、
PPC広告はダメだとか、
勝手に結論付けるハメになります。

ですが、失敗する本当の理由は、

自分のビジネスにどのように落とし込み、
どの順番、どの組み合わせで活用すれば良いのかが
全く分かっていないからなのです。

PPC広告、SEO対策、Facebook、Youtubeもそうだし、
スマホもそうですが、『魔法のツール』ではありません!!

ビジネスにおける大事な根幹を見失った状態で、

何をやっても上手くいかないのは
ある意味では当たり前のことではないでしょうか?

あくまでも、デバイスやメディアは
手段でしかありません。

手段に頼るのは楽だし簡単ですが、
手段に頼りすぎるのは良くありません。

それはビジネスではありません。

例えば、ライバルとの差別化と言って、
安易に価格を下げるということをすることに似ています。

インターネット集客には、
取り組むべき手順があります。

これを間違えてしまうと、
時間とお金を損することになってしまいます。

マルチデバイス&マルチメディアの時代において、
どのような手順やステップで、
インターネット集客を実践していけば良いか?

私自身が会社員時代も含め、
研修やセミナーなどでお伝えしてきたことを、
近々、お伝えしたいと思います。

楽しみにしててください。
また改めて、お知らせいたします。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。