セブンイレブンが勝ち続ける理由

小売業にとって冬の時代が続く中で、

圧倒的に独り成長を続けているのが、
セブンイレブンです。

⇒ http://toyokeizai.net/articles/-/15985

セブンイレブンの日販は、

約67万円と、他社と10万円以上の
開きがあるのです。

接客や欠品に対する考え方を
積み上げてきた結果とのことですが、

そこを「徹底」しているかどうかが
他コンビニとの差ですよね。

—————————————————-

人間の心理を少しでも満足させるのが仕事
⇒ http://toyokeizai.net/articles/-/15985?page=5

—————————————————-

プライベートブランドの話もそうですが、

自分が作りたいものではなく、
市場や顧客の心理変化に対応していることが
結果に結びついてるんですね。

「人間の心理を少しでも満足させるのが、われわれの仕事」

という言葉が、挑戦し続けることを表していますよね。

セブンイレブンを持ち上げて、
書いていますが・・・

私が好きなコンビニは、「ローソン」だったりします(笑)

お店の雰囲気なども好きですが、
「ローソン」のデザートには惹かれてしまいますね。

以前、ハンバーガーの話で、
『○○と言えば、××』というポジショニングのことを
書かせてもらいましたが、

自分の中では、「コンビニデザート=ローソン」が
出来上がってしまってますね(笑)


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。