Sonyもマイクロソフトも任天堂も勝てなかったのは?

私が最初に買ったファミコンのカセットは
スーパーマリオでした。

ファミコン世代の方はわかってくれると思いますが、
子供のころ、はまりすぎて、親に注意を受けたのは
一度や二度ではないはずです(笑)

「スーパーマリオブラザーズ」や
「ドラゴンクエスト」など

多くの人気ソフトを生み、
家庭用ゲーム機市場をほぼ独占しているのが
任天堂です。

ファミコンの後も、DSやWiiで、
家庭用ゲーム機の地位を
不動のものにしているのですが・・・

実は・・・その任天堂の業績が
悪化しているらしいのです。

任天堂、営業損失364億円・・・
⇒ http://goo.gl/LOyxu

Sonyのプレイステーションが参入してきても、
マイクロソフトのXBOXが参入してきても、
任天堂の地位は、そう揺らぐことはありませんでした。

有名企業が参入してきても、
揺らぐことがなかった不動の地位が、

なぜ、崩れてしまったのか?
なぜ、赤字にまでなってしまったのか?

Sonyも、マイクロソフトも崩せなかった
任天堂の地位を崩したのは・・・

『スマートフォン』です。

スマートフォンのゲームに、
市場を奪われてしまったのです。

スマホゲーム市場が伸びているのは、
なんとなく実感できます。

電車に乗ると、スマホをいじっている人って
たくさんいますよね。

実際、スマホのゲームを提供しているDeNAは、
プロ野球球団を持つまでに成長しました。

スマホでゲームをする人・時間が増え、
家庭用ゲーム機でゲームをする人・時間が減っている
ということなのでしょう。

Sonyもマイクロソフトも任天堂も、

家庭用ゲーム機ではなく、
スマホでゲームをやるようになった

「お客さんの変化」には勝てなかったのです。

資本があっても、人材がいても、技術があっても、
「お客さんの変化」には誰も勝てない・・・

なので、その変化に対応するには、

しっかりと見込み客をリサーチして、
どんなアピールをすれば効果的なのか、

を常に行っていく必要があります。

お客さんのことを調べて、そのお客さんにマッチした、
サービスや商品を提供する。

これが売れる1番の秘訣かもしれませんね。

それにしても、恐るべしスマートフォン・・・

これほどまで顧客に入り込んでいるものは、
そう出てくるものではありません。

この手の話は、まだまだ出てきそうですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。