300年以上続く京都の舞子さん

今に始まったことではないですが、
海外での京都人気はすごいものがあります。

私の周りの外国の友人や、海外での日本話の中では、
舞子さんが人気だったりします。

京都の花街がどのような場所で、
どんな娯楽なのかは、まだ知らないのですが、

よく考えると・・・

舞妓さんってどうやって
稼いでいるのか気になります。

「一見さんお断り」というイメージが強いのですが、

でも、ビジネスは、新規客を取らないと、
成立していきません。

どのようにキャッシュを生み出しているのか?

江戸時代から300年も続けられる仕組みは、
どんなビジネスモデルなのか?

すごく気になりますね。

まず気になったのは、
「お茶屋」という存在です。

ここには、「お母さん」と呼ばれる
総合ディレクターがおり、

お客様を管理し、
最適なサービスを提供するために、

お客さんの雰囲気や用途により、
食事や、舞妓さん、芸妓さんを選定していきます。

だから、

自分がお世話になっているお茶屋を
変えてはいけないというルールがあるようです。

それは、お茶屋のお母さんが
顧客情報を管理することによって、

そのお客様が来る度に、最適な
サービスを提供することができるからとのこと。

さらに凄いのが、
花街で遊ぶときは財布が不要なのです。

食事をしようが、舞妓さんと遊ぼうが、後日請求です。
その請求は遅いと半年後にも及ぶらしいです。

二次会もお茶屋経由なら後日清算でいいのです。

それだけ豊富なキャッシュを持っていることと、
信用・信頼関係がなければできないですよね。

そして、新規客の獲得には、
「既存客からの紹介」で成り立たせているのです。

紹介者に連れられて、お茶屋からOKがでると、
顧客となることができるです。

マーケティングで言うなら
「信頼性の移行」ですね。

信頼性のあるお客様からの紹介だからこそ、
信頼性のある新規客を獲得できるのです。

もちろん、花街のルールが守れない、
きれいな遊びができないと、

やんわりと花街から締め出されます(笑)

これは、花街らしさを維持するため、
顧客の質を維持するということですね。

一部ではありますが、色々と調べてみると、

花街の経営は、基本的に
「信頼関係」で成り立っていますよね。

京都の花街は女性社会であり、
男性には信頼性がないとおもてなしできない
という基本構造で成り立っています。

これが300年以上続いています。

長く続くビジネスモデルというのは
それだけ優秀なモデルです。

花街の軸となっているのは、
「信頼関係」ですが、

他にも学べるところがまだまだありそうですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。