住宅業界の流行語「家はまだ買うな」

2000年に、「家はまだ買うな」という
チラシ広告が登場したのをご存知でしょうか?

このキャッチコピーを世に広めたのは、
平 秀信さんです。

経営コンサルタントの神田昌典さんを師事し、

住宅販売会社社長として
その販売方法を広めていきました。

その方法というのが、

「家はまだ買うな」のチラシを打ち、
ギャップを感じさせ、

そのチラシに書かれた、
「失敗しない家作りの方法・小冊子を
無料でプレゼント」に気を惹かせます。

一生に一度の家には、
誰もが購入には慎重になるでしょうし、
「家」を建てることの情報も詳しく知りません。

だから、見込み客は、まさに自分が今
必要な情報だとばかりに小冊子を請求します。

チラシにはその他にも、

購入したお客様のコメントや、
現場の棟梁や社長の顔写真、
安い値段で家を建てることが出来る理由

などが載っており、

大手の住宅会社の広告とは
一線を画する構成となっていました。

詳細は割愛しますが、
だいたいこのような流れです。

当時、この広告の手法を
すぐに実践した人は成功しています。

ですが、今はどうでしょうか?

多分、大した効果は
出てないと思われます。

ですが、この方法から得られる本質は
今でも通用するものです。

周りが成功したからといって、
本質もつかまず、

小手先のテクニックだけ鵜呑みにして
その方法を実践しても、

最終的には貴重な広告費を
上手くいかすことができないのです・・・

期待していた効果も得られず、
費用対効果の悪さを、やがて
「当たり前」として認識してしまいます・・・

最近では、住宅業界の平均が、
チラシ5,000枚~10,000枚で1組の新規名簿
といわれていますが、

費用対効果は悪いですよね。

ノウハウを取り入れて上手くいくのは、

・先行者利益つかむ
・本質をつかむ

この2つのどちらかしかありません。

前者は、投資という
お金の使い方が必要です。

後者は、本質をつかめるだけの
能力が必要です。

私は欲張りなので、
どちらも身につけたいですね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。