地域材が使われない理由は、ベネフィットを感じないから?

7月1日から「木材利用ポイント」が開始しています。
http://mokuzai-points.jp/

この手の話は、いつも事業者の間では
盛り上がるのですが、

建て主となるエンドユーザーには、いつも
認知度が低く、イマイチ響かないんですよね。

私も過去に、長期優良住宅先導的モデル事業などで
地域材の活用であれこれ関わってきました。

そして、今になって感じているのが、
「制度のわかりやすさ」以前に、

地域材を使うことのメリットが
伝わっていないのだろうと感じています。

その辺をブログでも書いています。
⇒ https://dtoac.com/blog/20130809/3090

ブログでも書きましたが、
コピーを書くチカラ。

マーケティング・売れる仕組みを作る上で、
一番大事で、必須スキルだと思うのが、

『コピー(文章)を書くスキル』
だと思うんですね。

チラシやDM、ホームページなどの
文章を読んでもらって、

商品を購入したり、
メールを登録したり、
資料請求や問い合わせをしたりと

相手を行動させているわけです。

インターネットが当たり前の時代においても、
マーケティング・売れる仕組みを作る上では、

コピーを書くチカラが、ほぼ必須スキルに
なるのではないかなと思います。

文章を読んだ相手が、

感情を動かすような文章を
書けるようになるかどうかが、

今後も重要な必須スキルだと思っています。

林野庁も本当に、
地域材の活性化を求めているなら、

優秀なマーケッターに
加わってもらったらと思うのですが・・・

単に「予算の消費」という意識になってたら、
地域材の活性化は程遠いですよね(苦笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。