地域材が使われない理由は、ベネフィットを感じないから?

7月1日から「木材利用ポイント」が開始しています。
http://mokuzai-points.jp/

この手の話は、いつも事業者の間では
盛り上がるのですが、

建て主となるエンドユーザーには、いつも
認知度が低く、イマイチ響かないんですよね。

私も過去に、長期優良住宅先導的モデル事業などで
地域材の活用であれこれ関わってきました。

そして、今になって感じているのが、
「制度のわかりやすさ」以前に、

地域材を使うことのメリットが
伝わっていないのだろうと感じています。

その辺をブログでも書いています。
⇒ https://dtoac.com/blog/20130809/3090

ブログでも書きましたが、
コピーを書くチカラ。

マーケティング・売れる仕組みを作る上で、
一番大事で、必須スキルだと思うのが、

『コピー(文章)を書くスキル』
だと思うんですね。

チラシやDM、ホームページなどの
文章を読んでもらって、

商品を購入したり、
メールを登録したり、
資料請求や問い合わせをしたりと

相手を行動させているわけです。

インターネットが当たり前の時代においても、
マーケティング・売れる仕組みを作る上では、

コピーを書くチカラが、ほぼ必須スキルに
なるのではないかなと思います。

文章を読んだ相手が、

感情を動かすような文章を
書けるようになるかどうかが、

今後も重要な必須スキルだと思っています。

林野庁も本当に、
地域材の活性化を求めているなら、

優秀なマーケッターに
加わってもらったらと思うのですが・・・

単に「予算の消費」という意識になってたら、
地域材の活性化は程遠いですよね(苦笑)


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。