坂 茂: 紙で出来た避難所|TED

坂茂がTEDで行ったスピーチ「紙で出来た避難所」の動画です。

サステナビリティが盛んにささやかれるようになるずっと前から、建築家の坂 茂 は紙管や紙などの環境に優しい建材を使う実験を始めていました。彼の手による見事な建造物の多くは仮設住宅として、ハイチやルワンダ、そして日本などの被災地で全てを失った人々を救うために建てられました。しかし、こうした建造物が現地に溶け込み、当初の目的を果たした後も引き続き愛されているということがしばしば起きています。(TEDxTokyoにて収録)

一番最初に知った建築家。紙の可能性を感じさせてくれます。

 

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

    ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

    【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

    『注文住宅3.0』とは?

    【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

    『家づくりの仕組み』とは?

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。