「カフェっぽさ」が求められているのはなぜ?

PR
   

先日、スタバとTSUTAYAの組み合わさった

代官山T-SITE
http://tsite.jp/daikanyama/

に行ってきました。

最近、ブックカフェをよく見かけたりします。

代官山T-SITEは大きいですが、

隠れ家的なブックカフェも、
都内ではどんどん増えてます。

さらには、

「暮らし」に特化したブックカフェも
出てきてますね。

「カフェ」と「暮らし」って、
結構関連付けることができて、

「カフェっぽい暮らし」、
「カフェっぽいキッチン」など

暮らしの中に、カフェの雰囲気を
取り入れたい方も増えています。

「カフェっぽさ」が、求められているのは、

ある意味、コミュニケーションのとれる場所を
求めていることだと同じだと感じています。

その辺り、ブログでまとめてみました。
⇒ https://dtoac.com/blog/20130822/3408

「暮らし」に特化したブックカフェは、
モデルハウスなどの新しい使い方としても、
うまく活用できますね。

   
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。