「かもめ食堂」から学ぶ住宅マーケティング

「かもめ食堂」という映画をご存知でしょうか?2006年、都心部のみで単館ロードショーされ、ロングラン上映となった映画でもあります。

ph01 ph02

『かもめ食堂』はヘルシンキで、小さな食堂をひらく女性のおはなしで、小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんが、かもし出す独特の雰囲気が人気の映画です。

実はこの映画、雰囲気もステキですが、道具や食器のクオリティが高いことに気付きます。

料理がしたくなる!珈琲をいれたくなる!

そんな気にさせてくれる映画です。未だに根強いファンがおり、「かもめ食堂」のような雰囲気の暮らしを求めている方もいらっしゃいます。

 

「かもめ食堂」から学ぶ住宅マーケティング

実はこの映画、店舗経営の話ということもあり、「売れる仕組み=マーケティング」が学べるのです。

この映画の中で、ある3つの行動をとったことで、お客様が増え、かもめ食堂の転機となった出来事があります。

 

1.顧客が求めているもの見つめなおす。

小林聡美演じる主人公サチエは、最初、和食の「おにぎり」をメインで提供していました。理由は、自らの思い入れが強いからです。しかし、それでは売れず、顧客視点で「顧客が求めているものは何か?」と見つめなおし、フィンランド人が好きなのは、「シナモンロール」ということを受け止めます。

自分が提供する家やサービスが良いと思っていても、顧客の需要がなければ売れるはずがないんですね。自分が売りたいという家やサービスに、こだわりを持つことも、もちろん大事ですが、最も重要にすべきは「お客様は何を求めているのか?」といった視点で見つめ直してみることが大切です。

 

2.変化への柔軟性

例え、顧客が求めているものに気付けても、もし主人公のサチエが、頑固な職人さん気質だとしたら・・・きっと、食堂屋さんで洋菓子のシナモンロールを提供することは嫌がるでしょう。また、今までの方法と違うため、新しい方法を受け入れたくないでしょう。ですが、主人公のサチエは、自分の中にある「おにぎり」へのこだわりをひとまず置き、求められている「シナモンロール」を提供していきます。

この柔軟性はすごく大事ですね。顧客に合わせて変化を柔軟に受け入れることというのは、ビジネスをする上では大切なことなのです。

 

3.伝わらないものは、売れない。

「おにぎり」という日本人なら誰しもイメージできる食べ物ですが、当然そのままでは、フィンランド人にはその良さは伝わりません。もたいまさこさんがおにぎりを食べるシーンがあるのですが、そばにいたフィンランド人皆が、珍しそうに凝視してきます。つまり、「おにぎり」に対する情報不足なんですよね。たとえ物が良くても、伝わらないものは売れません。

どんな家、どんなサービス、どんなメリットを提供しているのか?それらが伝わっているのか?を見直し、そして、1回だけでなく複数回、1つの切り口でなく複数の切り口から伝えていくべきですね。

 

 

追伸:本物の「かもめ食堂」が実在する!?

北欧・フィンランドの首都ヘルシンキに、本物の「かもめ食堂」が実在するみたいです!

かもめ食堂は実在してますよ

かもめ食堂は実在してますよ

「かもめ食堂に行ってきたよっ」

フィンランドに行く機会があったら、ぜひ寄ってみたいですね!

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。