住宅の映像は「集客」より「信頼関係の構築」に使うべき

美しくライトアップされた夜のヨーロッパの街々を巡り、建築物を見て楽しめる「NIGHTVISION」が公開されています。

世界21カ国36都市の夜の建築物をタイムラプス撮影した「NIGHTVISION」

夜の建築物は人も少ない上に、太陽からの余計な光もないため、建築物の良さがひき出されていますね。

一定時間の間隔を開けて撮影した静止画を連続させて動画のように見せる「タイムラプス撮影」は、興味をそそる撮影技術ですね。

 

だからといって、タイムラプス撮影がすべていいわけではない

映像のデメリットは、半強制的にみせられるということです。

つまらないからといって、とばして観ることが難しいため、冒頭でつまらなかったら、その後は観なくなるのが大半です。
(とばすと要点がつかみにくくなりますし・・・)

住宅系の撮影では、徳島県の工務店の棟上げの様子を撮影された長岡マイルさんの映像が良い雰囲気を出しています。
http://www.nagaoka.me/

[vimeo id=”55607567

プロに頼む映像もいいですが、iPhoneやWEBカメラなどで自分で手軽に撮る方法もありですね。

 

住宅の場合、集客ではなく信頼関係の構築に使うべき

映像を使うことを、どうしても集客へ目が行きがちですが、住宅では、集客ではなく「信頼関係を築く」ことに使うべきですね。

さらには、以前もブログで書きましたが、

今力を入れるべきなのは「自分メディア」

映像でも何でも、まずは「軸」となる自分メディアを持つことですね。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。