建材メーカーがしてこなかった「木のビジネス」

オフィスの設計・施工を手がける文祥堂と、「ニシアワー」ブランドで、間伐材の内装材・家具を販売している西粟倉・森の学校とのコラボレーションブランド「KINOWA」から、

新商品の国産スギ間伐材でつくる割り箸の製造工程で発生する端材を活用した床材「ユカハリ・タイル ワリバシ」が発売されます。

建材メーカーがしてこなかった「木のビジネス」

KINOWA

 

木のビジネスとして成り立たせる「ニシアワー」

建材メーカーがしてこなかった「木のビジネス」

ニシアワー・株式会社 西粟倉・森の学校

岡山県の英田郡西粟倉村にあるニシアワー『株式会社 森の学校』

林業を再生するだけでなく、村ぐるみで昔ながらの心の通った地域づくり、生態系全体を守っていこうという、単に社会的な試みだけではなく、

ファンドで出資者から募った資金で、機械の仕入れをし、
森林組合に新しく人を雇用を行い、森の管理・間伐をする。
材木を使ったビジネスで人をさらに雇用、さらに間伐を進めてプロダクトを量産する。

1.親会社トビムシが主体で行う「共有の森ファンド」による資金調達
2.共有の森の手入れのサポート。資金をつかって仕入れた機械での大規模な間伐
3.間伐材や地元の木材を使ったプロダクトの開発・販売
4.森のことを学ぶ場や機会の提供

といった、木のビジネスとしても成り立たせているところに、目を見張るものがありますよね。

ビジネスとして成功しなければ、雇用も増えないし村の信頼を失うことにもなる。
自然に寄り沿った暮らしを提唱する岡山県西粟倉村。(greenz.jp)

 

エンドユーザーに向けたニシアワーの戦略

建材メーカーがしてこなかった「木のビジネス」

ユカハリ

ニシアワーで販売しているユカハリは、素人でも自分たちで手軽に施工ができるDIY商品として人気を集め、注目を浴びています。

従来の建材メーカーは、「いかに商社や工務店に多く買ってもらうか」というビジネスモデルで、いまや競合だらけとなり、価格競争に陥っていますが、従来の建材メーカーが手を付けてこなかった、一般のエンドユーザーに向けたニシアワーの戦略は、これからのいいお手本になりそうですね。

 

DIY商品・施主支給を工務店は嫌がる・・・

施主支給になると、

    • 利益を乗せられないため、自分たちの利益が減る。
    • 施工責任の判断が難しくなる。
    • アフター、メンテナンスの保証ができない。

などの理由から、工務店は嫌がることが多いですよね。ここに「売り手」と「買い手」の目線の違いがありますね・・・

DIY商品は、建設中の施主支給だけでなく、家が建った後も購入してもらいやすいですし、施主自身が施工することで、家づくりに参加するという満足度や、手間の大変さ(価値)を伝えやすいため、取り入れてもらいたいですね。
 

建材メーカーがしてこなかった「木のビジネス」

林業男子 いまの森、100年先の森

  • 作者:山﨑 真由子
  • 出版社:山と渓谷社
  • 発売日: 2014-05-19

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。