タマホームがデザインに手を出してきた!?

PR
   
タマホームがデザインに手を出してきた!?

「タマロッジァ」「タママチヤ」

あのタマホームが、建築設計事務所『アトリエ・ワン』とコラボレーションし、
豊洲まちなみ公園にモデルハウスを建てています。

「タマロッジァ」「タママチヤ」 スマートハウジング 豊洲まちなみ公園

ポイントは、

  • 歴史的な建築形式に学ぶ現代の住まい
  • 季節にあわせた外での暮らしをご提案します
  • 限られた空間でゆとりある暮らしを実現するための巧みな技法

のようです。

 

ローコスト住宅のタマホームがデザインに手を出してきた。

タマホームは2013年の7月に、建築家と出会える家づくりの「HOUSECO(ハウスコ)」の制作・運営会社と共同出資し、「株式会社SuMiKa」という新会社を作り、ハウスコの運営を行っています。

タマホームがデザインに手を出してきた!?

建築家と出会う場所 HOUSECO

タマホーム、WEB制作会社のカヤックと新オンライン事業のための合弁会社を設立

「株式会社SuMiKa」は、タマホームが90%出資しており、実質タマホームが運営していくようなものです。タマホームは、新会社を通じて「住宅購入希望者に対する新しい家づくりの提案、工務店を支援するオープンプラットフォームの提供」を行うとしています。
タマホームは建築家とのコラボの他に、スマートフォンやタブレット端末の音声操作、
またはタッチパネル操作でコントロールできる「i TamaHome」もよくみかけます。

今後のタマホームのテーマは、建築家とスマートハウスでしょうか。

 

・・・それにしてもアトリエ・ワンのホームページって質素すぎ(苦笑)

 

   
PR
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。