住宅業界にもセカンドオピニオンが根付いてきた!?

地盤調査データの解析サービスを提供する地盤ネットが、「地盤セカンドオピニオン」による地盤改良工事の削減件数が累計2万棟を突破したと発表しています。

地盤ネット、改良工事削減件数が累計2万棟を突破

住宅業界にもセカンドオピニオンが根付いてきた!?

地盤セカンドオピニオン | 地盤調査・解析サービス | 地盤ネット

 

地盤セカンドオピニオンとは?

地盤セカンドオピニオンとは、地盤調査データを第三者がチェックし、過剰な改良工事を行わないためのサービスとなるのですが、

住宅業界にもセカンドオピニオンが根付いてきた!?

地盤セカンドオピニオンとは? 出典:地盤ネット

なぜここまで普及しているのかというと・・・

  • 住宅ネットワーク会社などと提携をして、利用者を増やしていった。
  • 商品としてわかりやすく「セカンドオピニンオン」をうたい、差別化した。

ということが挙げられます。

既存の地盤業者でも、他社の解析を審査することはやっていましたが、
わかりやすく絞り込みをしてきたのは、地盤ネットが初ですね。
そして、なにより、
地盤改良がブラックな業界だからということもあります。

「地盤改良工事の削減件数が累計2万棟」というデータがそれを表していますね。

他社では改良が必要と診断されたけど、改良しなくてもよかった案件が
2008年の設立から数えて、これまで少なくとも2万棟もあったということです。
地盤の解析資料は一般の方がみてもわかりにくいことに加え、
詳しく知らないと業者の言いなりになりやすかったりします。

ちょっと詳しい人の中では、改良が必要と診断された解析データを見て、
「なぜこれで改良がいるのか?」「大丈夫だ」と言う方もいたぐらいです。

ですが、結局口だけで、その人が保証してくれるわけではないんですよね・・・

 

市場で求められていたけど、誰も手を出さなかった・・・

まさに、売れるポジションでしたね。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。