LIXIL、無水トイレでインドネシアの衛生環境改善めざす|新建ハウジング

img101214_001

 「世界中の人びとの豊かで快適な住生活の未来」への貢献を掲げるLIXIL(東京都千代田区)は、インドネシアの貧困層の衛生環境を改善するプロジェクトに乗り出した。

インドネシアでは、下水道の未整備により年間600万トンのし尿が未処理の状態で河川や運河に排出され、腸チフスや下痢が蔓延。5歳以下の乳幼児が毎年4万人以上も死亡しているという。インフラ投資が経済成長に追いついていないため、農村部における土壌・水質汚染が深刻な問題となっている。

こうした現状を受けて、無水トイレ「エコ・サニテーション」の普及を目的とした事業を開発コンサル会社のi-Incubate(東京都新宿区)と共同提案。このほど、「インドネシアにおける循環型無水トイレを利用した保健衛生改善事業」が、独立行政法人 国際協力機構(=JICA)の「協力準備調査(BOPビジネス連携促進)」に採択された。

「エコ・サニテーション」は、トイレの床下に設置した装置内でし尿を乾燥+発酵分解。地下水や河川を汚さず、下水道や処理設備といったインフラが不要なため、住宅ごとに設置することで衛生環境の改善が期待できる。
同社は2010年からベトナムと徳島県上勝町において住民の要望を踏まえた総合的な実証研究を実施。今後はインドネシアの生活習慣、需要、市場状況などに関する詳細な調査を行うとともに、無水トイレのプロトタイプの開発・検証を進めていく。|新建ハウジング

日本の水回りは世界一なので、どんどん海外進出してほしいですね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。