家選びは3つのカテゴリに分けられる

リクルート住まいカンパニーが運営する『スーモカウンター注文住宅』で、「注文住宅建築検討中のスーモカウンター利用者の動向」に関して、調査レポートをまとめてくれています。

建築会社選び、「価格提案」重視の傾向強まる

スーモカウンター利用者調査・注文住宅編(全国・関西・関東)2013年度秋版~建築会社選びの重視条件~『価格提案』に対する重視傾向が高まる

家選びは3つのカテゴリに分けられる

建築会社選びで「価格提案」を挙げる人が60.2%と最も多く、2番目以降は「設計対応」(50.1%)、「商品内容」(42.2%)、「保証・アフター」(42.2%)となっています。

 

家選びは3つのカテゴリに分けられる。

家づくりは、大きく分けて下記の3つのカテゴリに分けられると考えています。

    • コスト重視
    • 性能重視
    • ライフスタイル重視

 

コスト重視は、ローコスト住宅に。
性能重視は、耐震性、省エネ、長期優良住宅など。
ライフスタイル重視は、デザイン住宅や自然素材など。
 

3つのカテゴリを全てを満たした提案をするのは、かなり難しく、

だからといって、1つだけだとよほどレベルが高くないと、
突き抜けるのはむずかしいですよね。
 

同じカテゴリを複数満たすのもありですが、
もし客層を広げようとするなら、2つのカテゴリを組み合わせるのがいいですね。

ライフスタイルとコスト組み合わせた、
「1000万円台からつくる建築家との家づくり」などのように、
2つ組み合わせをすることで、客層を広げつつ、濃い発信できます。

新しい企画を考えていく場合、
この考え方をヒントにしてみてください。
 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。