シェアが少なくても、愛されるブランドは生まれる

2004年にAppleの市場シェアが低いことを指摘されて、反論したジョブズの言葉がこちら。

「Appleの市場シェアは、自動車業界のBMWや、MercedesやPorscheよりも大きい。BMWやMercedesになって何が悪い?」

業界の市場が大きい場合、わざわざ7~8割のシェアを獲得しなくても、2~3割でも成り立っていきます。市場が大きい業界といえば、自動車や住宅も同じです。

 

MINIから学ぶファンづくり

www_mini_com_notnormal

ブランドカーのMINIは、世界同時キャンペーンの取り組みのひとつとして、ユーザーからMINIに関連する投稿を募って、より優れた“作品”をMINIの看板広告に起用するというプロジェクトを実施していました。

参加ユーザーは、写真共有サイトを経由して、Web上に作品を公開しています。

自分の写真が、愛してやまないMINIの広告になることは、ファンにとっては嬉しいかぎりです。

 

大事なポイントは、この2点です。

  • ファンに対する感謝の気持ち
  • MINIへの愛情を可視化

これが「愛されるブランド」へと繋がっていくんですね。シェアが少なくても、ブランドは成り立ちます。

住宅の場合、”自分はこの家に住んでいる”ということを再認識させることが必要になってきますね。意外とこのことを意識している会社は少ないのです。

再認識させるためには、どんなことができそうでしょうか?ぜひ考えてみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。