シェアが少なくても、愛されるブランドは生まれる

2004年にAppleの市場シェアが低いことを指摘されて、反論したジョブズの言葉がこちら。

「Appleの市場シェアは、自動車業界のBMWや、MercedesやPorscheよりも大きい。BMWやMercedesになって何が悪い?」

業界の市場が大きい場合、わざわざ7~8割のシェアを獲得しなくても、2~3割でも成り立っていきます。市場が大きい業界といえば、自動車や住宅も同じです。

 

MINIから学ぶファンづくり

シェアが少なくても、愛されるブランドは生まれる

ブランドカーのMINIは、世界同時キャンペーンの取り組みのひとつとして、ユーザーからMINIに関連する投稿を募って、より優れた“作品”をMINIの看板広告に起用するというプロジェクトを実施していました。

参加ユーザーは、写真共有サイトを経由して、Web上に作品を公開しています。

自分の写真が、愛してやまないMINIの広告になることは、ファンにとっては嬉しいかぎりです。

 

大事なポイントは、この2点です。

  • ファンに対する感謝の気持ち
  • MINIへの愛情を可視化

これが「愛されるブランド」へと繋がっていくんですね。シェアが少なくても、ブランドは成り立ちます。

住宅の場合、”自分はこの家に住んでいる”ということを再認識させることが必要になってきますね。意外とこのことを意識している会社は少ないのです。

再認識させるためには、どんなことができそうでしょうか?ぜひ考えてみてください。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。