「イケアと暮らす家」にすると売れるのはなぜ?

「イケアと暮らす家」をテーマにした集客が、少しづつ増えてきていますね。

おうちまるごとイケア-イケアと暮らす家 完成お披露目会開催

IKEA(イケア)でオリジナルキッチン、デザインリフォームなら港区南青山『AOYAMA DESIGN REHOME』

木下工務店のイケア・ハウス

IKEAの商品でコーディネートした家。

IKEAな家 2012

これはほんの一部で、IKEAコーディネートは、探せばまだまだ出てきそうです。

なぜこんなにも増えているかというと、やはり集客力があるからですよね。

 

IKEAもただのインテリア販売ではとどまらない!?

IKEA自身も、家族の家づくり応援プロジェクトと称して、このような企画を打ち出していました。

IKEA CHEER! HOME – 家族の家づくり応援プロジェクト

「イケアと暮らす家」にすると売れるのはなぜ?

「みんならしさが、家になる。」ということで、

  • 家族それぞれの趣味を活かした家にしたい!
  • 騒々しい」が「楽しい」に変わる家にしたい!
  • 子供の夢を叶える、おとぎ話の家にしたい!

 

「イケアと暮らす家」にすると売れるのはなぜ?

といったそれぞれの家族が描くプランを、イケアの商品を使って、模様替えする企画です。

 

普通の家が、イケアの家具によって、家族が描くプランへと変身していく様は、
見ていてワクワクさせられますね。

IKEA CHEER! HOME 家族の家づくり応援プロジェクト(BEFORE MOVIE)

IKEA CHEER! HOME 家族の家づくり応援プロジェクト(AFTER MOVIE)

 

こういう楽しみ方を知ってしまえば、わざわざ新築を建てる必要もなく、

今ある空間をどう使うか?どう色付けて遊んでいくか?という、
自分らしさの表現の仕方も変わってきます。

 

「身近にある家具やインテリアから、自分らしい暮らしを考える」

この感覚が広まると、家づくり・住まいづくりも、もっと楽しいものになりますよ。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。