中銀カプセルタワービル・建築家も挑戦したコンパクトな暮らし

昨日、築地に出かけていたのですが、
突然、「Excuse me.」と声を掛けられました!

東南系のアジア人のカップルで、

築地市場まで行って、それから、
「中銀カプセルタワービル」を

見に行きたいとのこと。

「この通りを歩いていけば・・・」
「ここから歩くと10分以上掛かるよ」

お互い慣れない英語と
iPhoneのGoogleマップを使いながら、

会話をしていましたが・・・(汗)
やっぱり共通言語って大事です。

この関係性は、
住まい手と創り手も同じですね。

例えば、日本人同士とはいえ、
同じ言葉を使っていても、

お互いに意味の捉え方が微妙に違い、
伝わらないこともあります。

これだけ情報が多用しているからこそ、

相手との共通言語を持つことが
大事なんですね。

さて、

そんな出来事の影響を受けてか、
「中銀カプセルタワービル」から、

コンパクトな暮らしについて
いくつかブログを書いています。

https://dtoac.com/blog/20131012/4481

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。