矢沢永吉に学ぶ成り上がり住宅マーケティング

『矢沢永吉に学ぶ成りあがりマーケティング』は、矢沢永吉ファン歴35年の横田光弘さんが、『YAZAWAマインド』と『成りあがりマーケティング』という、独自の観点を説いた書籍です。

成りあがりマーケティングとは?

成りあがりマーケティングとは、1回きりのお客さんを、100回買ってくれる「BIG客」にすることです。新譜が発売されれば必ず買うし、コンサートにも必ず足を運ぶ、そんな永ちゃんのファンを増やすことです。

この本の内容の一番の特徴は、「お客さんに信者になってもらう」というものです。

永ちゃん自身がお客さんにこびたり、へつらったりしないしないように、お客さんとの関係はあくまで50%・50%で、上も下もないというわけです。また、著者が重要だと考える「矢沢マインド」も紹介されています。

    1. ブレない
    2. 自分の信じた道を最後まで突き進む
    3. オリジナリティにこだわる
    4. 媚びない
    5. 相手を見て態度を変えない
    6. 常識を打ち破る
    7. 誰もやらないからやる
    8. まじめさを忘れない

モノが売れない時代だからこそ、マーケティングが重要

マーケティングは、中小企業や個人事業主には必須です。なぜなら、次の3つのメリットがあるからです。

1.売り込まなくても売れる

マーケティングを実践すれば、売り込まなくても売れる状態になるといいます。
お客さんがあなたのファンになり、お客さんの方から「あなたの家を建てたい」と言ってくれて、顧客との理想的な関係性を構築できるというわけです。

2.1回客がリピート客、ファンになってくれる

商品・サービスのクオリティが高いことが大前提ですが、1回買ってくれたお客さんが高い確率でリピート客になってくれるます。そうなれば、営業にかかる時間とコストが限りなくゼロに近くなりますよね。

家づくりの場合、リピートとなると、リフォームなどになりますが、引き渡し後も、その施主を巻き込んだイベントなどが繰り返しできることも、リピートの意味合いを含んでいますよね。

3.ファンが新規顧客を連れてきてくれる

信者と言っていいほどのファンになると、新規顧客を連れてきてくれるようになります。あなたの信頼を手にしているファンは、友人や知人にあなたの家づくりを紹介してくれやすくなります。

 

上記の例のように、音楽業界にもマーケティングが取り入れられています。ただいい曲・いい歌をつくるだけでは、売れないという現実がそこにあります。良い家をつくるだけでは売れないのと同じですね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。