会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいのか?

会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいのか?

会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいの?/うさぎ薬局の中村真奈さんに聞いてきた

”Web文化が根付いていない会社で、一人で超頑張って、Webの力を認めさせたWeb担当者さんがおるんやけど、話聞きに行かへんか?”

こんな切り口から始まる、Web文化が根付いていない薬局を舞台としたマンガなのですが、
わかりやすいので紹介させてもらいます。

 

大まかな流れとしては、

ホームページはあったが、あまり機能的ではなかった。
会社内での優先順位は低く、Webの力を信じている人が少ない。

まずは、業界研究や社内ヒアリング
会社にWebの価値を認めてもらうには実績を作ることが必要

サイトの目的をはっきりさせる。
(今回の薬局では、店舗の拡大で直営の他、FCを増やすこと)

直営やFCで動ける薬剤師を集めるページを作る

1年間で薬剤師の登録者数が100人を超える。

その実績から、新卒採用も任され、サイトの目的がリクルーティングになる。

就活生にエントリーしてもらうためのアプローチとして、
会社のブランドの知名度を上げるため、ブランディングを行う。

などなど、続きはこちらからご覧ください。

会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいの?/うさぎ薬局の中村真奈さんに聞いてきた

 

マンガの最後の方には、まとめっぽくこんなことが書いています。

ブランディングは、外に向けた効果より、社員に自分の会社の魅力を再認識させることができる。

Webはあくまで目標を達成させるためのスキル。
そのスキルでどう目標を達成できるかを考えて行動することが大切。

 

Webの価値を認められにくい住宅業界も同じですね。
住宅業界のWeb担当者はぜひ参考にしてほしいです。なによりまずは実績です!

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。