「住むチカラ」が高いのはホームレス!?

PR
   

建築写真家イワン・バーンがTEDで行ったプレゼン「Ingenious homes in unexpected places」が非常に興味深い内容になっています。

1990年に着工したが、銀行破たんにより1994年から工事が中断したベネズエラの45階建てのビル「トーレ・デ・ダビ」に、不法占拠者が住み、水道が引かれ、無許可の歯医者などもいる。などを例に、世界中の思いがけない場所に発生した住居についてプレゼンテーションしています。

「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!? 「住むチカラ」が高いのはホームレス!?

映像を見るとよくわかるのですが、ここで取り上げられている彼らは、日本でいうホームレスや生活困難者に近い存在なのかもしれませんが、建物を道具のように扱い、非常に身近な存在であることが感じられ、日本人は低いと思われる「住むチカラ」が高いことが伺えますね。

 

日本でいうホームレスに近い存在

「住むチカラ」が高いのはホームレス!?

0円ハウス

  • 作者:坂口 恭平
  • 出版社:リトルモア
  • 発売日: 2004-07-10

 

「住むチカラ」が高いのはホームレス!?

TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫)

  • 作者:坂口 恭平
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日: 2011-05-07

 

今回取り上げられている海外の居住者は、東京や大阪など都会でよく見かける、0円ハウス=路上生活者に近い存在のような気がします。

日本の路上生活者もかなり「住むチカラ」は高く、例えば・・・

隅田川沿いに立ち並ぶ0円ハウスは、木でフレームを組んだ、箱上のハウスなのですが、月に1度、役人が川沿いを掃除に来るため、一時撤去をしなければならないのです。

なので、朝から3時間近く掛けて、ビニールシートをはずしたり、すだれをはずしたり、壁をはずして、木の枠組みを解体して、移動するんだそうです。

そして、役人のチェックが終わったら、また元通りにして・・・

 

この本を、読んでいて伝わってくるのは、彼らにとって、

家とは、非常に身近な存在であり、わかりやすいもの

なんですね。まるで道具のような感じです。
プレゼン動画でも取り上げられている海外の居住者にもその様子が感じ取れます。

 

建築写真家イワン・バーンがTEDで行ったプレゼン「Ingenious homes in unexpected places」の動画

   
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。