巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」|GIGAZINE

top_m

ゼネラル・エレクトリックはジェット機のパーツを3Dプリンティングで作りはじめており、個人レベルだけではなく工業的なレベルでも3Dプリントの技術が用いられていますが、巨大な3Dプリンタを使って2500平方フィート(約230平方メートル)の家を20時間で建ててしまうというのが「Contour Crafting」というプロジェクトです。

Contour Crafting – CC
http://www.contourcrafting.org/

このプロジェクトの最も優れた点は、レイヤーを重ねてパーツを作成し、建物を短時間で完成させてしまうということ。また、これまで手作業で行っていたことを全てオート化し、ロボティクスの技術と伝統的な建築法を融合させることによって短時間でも十分な強度を実現しています。現在はさまざまな種類のセラミックを素材として試しているところで、まだ開発中の技術ですが、安価な素材を使った3Dプリントによる建築が実現すればCal-Earthと共同して災害時に仮設住宅を作ったり、発展途上国の居住問題を解決できる可能性もあります。|GIGAZINE

3Dプリントによる家づくりは早いけど、3Dプリンタの設置が一番時間掛かりそう(笑)

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

    ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

    【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

    『注文住宅3.0』とは?

    【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

    『家づくりの仕組み』とは?