「耐震性」がマイホーム購入における重要な条件らしい・・・

ある不動産会社が、「東京23区内での持ち家志向に関する意識調査」を
東京23区内に居住し、住宅購入を検討している30代から40代の既婚男女200名を対象に
9月6日から8日にかけて実施し、その結果を発表しました。

そのアンケート結果で、一戸建て購入を検討している人で
住宅購入の際に絶対に譲れない条件に最も多かったのが、
「耐震性能(52.5%)」とのことです。

震災を経て、多くの人にとって「耐震性」が重要なキーワードになっているようです。

メディアではひとくくりにされている耐震性

大地震が起きると、住家全壊●●棟、住家半壊●●棟、住家一部損壊●●棟という
表現を耳にするのですが、

ただ、どの時期に建てられた住宅なのかがわからないんですよね。
81年より前に建てられているのか、2000年以降に建てられているのか、
想像で古い住宅なんだろうと思っていますが・・・

建築基準法の歴史をみても、

1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)による建築基準法改正では、
建築物の構造耐力上の安全確保に係る措置として

・土台の締結方法
・筋交い及び構造耐力上主要な部分である継手又は仕口の緊結方法
・防蟻処理
・軽量形鋼の厚さの規定
・冷間成形角形鋼管の品質
・溶接部の品質確保
・主筋と帯筋との緊結(令第77条関係)
・鉄筋のガス圧接継手(令第73条関係)
・コンクリート工事の適正化
・層間変形角(令第82条の2関係)
・地震力に対する基礎の設計

などが加えられ、

さらには、2000年の建築基準法改正では、

・地耐力に応じて基礎を特定。地盤調査が事実上義務化に。(施行令38条)
・構造材とその場所に応じて継手・仕口の仕様を特定。
(施行令第47条 告示1460号)
・耐力壁の配置にバランス計算が必要となる。
(簡易計算、もしくは偏心率計算
(施行令第46条 告示1352号))

が加えられています。

この建築基準法改正された2000年以降に建てられた新築で、
大地震によって全壊、半壊、一部損壊を受けた住宅がどのくらいあるのか知りたいですね・・・
また耐震等級別でも知りたいですね。

芸予地震、三陸南地震、新潟県中越地震、新潟県中越沖地震、東日本大震災、長野県北部地震、
2000年以降でもこれだけ大地震が起きています。

「耐震性」がマイホーム購入における重要な条件らしい・・・

現在の建築基準法で建てられた住宅は、大地震でどこまで耐えているのか?

亡くなっている方もいるため、不謹慎かもしれませんが、
こういった実例データはもっと住宅業界内に公開したほうがいいと思うのですが・・・

大金使った実験もいいですが、実例データから学ぶことは多いのでは?

「耐震性」がマイホーム購入における重要な条件らしい・・・

新潟県中越沖地震

誰かそのようなデータを調べていませんかね?


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。