1400年の宮大工の技を持つ会社に足りなかったもの

578年創業の世界最古の建設会社、
業界では有名な金剛組についてブログを書いています。

⇒ https://dtoac.com/blog/20131104/4908

技術は申し分ない会社でしたが、

2005年に、自己破産申請をせざる得ない
状況に陥ってしまい、

中堅ゼネコンの髙松建設のチカラを借りて、
髙松建設の子会社として、

新生金剛組がスタートしています。

これにより、

1400年を超える金剛家による経営体制が
事実上幕を閉じています。

1400年の宮大工の技をもってしても
潰れてしまうのは何故なのでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。