主婦の「結構しんどいこと」を解決できる家はあるか?

gooランキングに、ちょっと興味深いランキングが掲載されていました。

夫に知って欲しい! 専業主婦の「結構しんどいこと」ランキング

主婦の「結構しんどいこと」を解決できる家はあるか?

夫に知って欲しい! 専業主婦の「結構しんどいこと」ランキング

    • どんなに家事を頑張っても「やって当たり前」だと思われる
    • 毎日何かしらやることがあるので、「丸一日何もしないでいられる休日」がない
    • 自由に使えるお金が少なく、欲しいものを気軽に買えない
    • 日々家にいるので、社会と隔絶された気分がする
    • 独身時代のように、友人と気軽に遠出の旅行や朝帰りができない
    • 夫の収入だけでやりくりをするため、日々家計簿とにらめっこしている
    • 実用的な服ばかりで、おしゃれができない
    • 以前から仲が良かった友人と疎遠になってしまう
    • 「一日家にいて何してるの?」と嫌みを言われがち
    • 家族の出勤に合わせ、早起きしてお弁当を作らなければならない

 

夫に知って欲しい! 働く主婦の「結構しんどいこと」ランキング

主婦の「結構しんどいこと」を解決できる家はあるか?

夫に知って欲しい! 働く主婦の「結構しんどいこと」ランキング

    • まめに片づけたくても、時間も体力もない
    • 仕事の都合で、必ずしも晴れた日に洗濯できない
    • 仕事や家事に追われて、ゆっくり休む時間がとれない
    • 独身時代のように、友人と気軽に遠出の旅行や朝帰りができない
    • 勤務中に急に雨が降ったとき、外干しした洗濯物を何時間も取り込めない
    • 仕事と家事や育児で一日が終わり、趣味の時間が持てない
    • 早起きして、自分が出勤する前に毎朝家族のお弁当を作らなければいけない
    • 仕事帰りに、スーパーの営業時間内に買い物へ行くことが難しい
    • 夫も仕事で忙しいため、家事を頼みづらい
    • 仕事だけに集中できない

それぞれ、ランキングは25位まで掲載されています。

 

これからの悩みを解決できる家を提案できるかどうか?

これらの悩みは、あくまでアンケートなので、一人ひとり微妙に違うでしょうし、
また、全て解決することは難しいかもしれません。

ですが、新居を建てることで、これらの悩みがひとつでも解決できるのならいいですよね。

「こんなこと夫婦の問題だろう」と突き放すのか、
設計・デザインやコーチングなどで、ひとつでも解決しようと考えるのか、

対応が分かれるところですよね。

 

どんないいデザインより、どんないい性能より、
住まい手の悩みを解決できる家が一番売れると思っています。

その悩みの解決方法の手段として、
デザイン・設計であったり、性能であったり、コストであったりするのだと。

住まい手の悩みを解決できる家が、一番売れる。

これです。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。