キッチンの次に来るのは「お風呂」!

給湯器、浴槽、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台などの住宅設備の製造販売を行うメーカー・ノーリツが、11月26日の「いい風呂の日」にあわせて 1110人を対象に入浴スタイルに関する意識調査を実施し、その結果を公開しています。

おふろ白書2013

おふろ白書2013

※「おふろ白書2013」の全編はこちらからご覧いただけます。

 

乳幼児をおふろに入れるのは、平日は母親が多数であるのに対し、休日
は父親が多数に

・平日に乳幼児をおふろに入れる主な担当は、「母親」が46.2%で約半数を占めるのに対し
て、「休日」では「父親」が56.8%と逆転。夫婦間で平日と休日で役割分担していることが読
み取れます。休日だけでも育児に参加する意識を持った父親が過半数と、男性の育児への参
加意欲を感じさせます。

平日に乳幼児をおふろに入れる担当は、年々母親という回答が減り、父親という回答が増加

・年ごとの比較調査をした結果、平日に誰が子どもをおふろに入れる担当だったかという質問
において、年々母親という回答が減り父親という回答が増えるなど、仕事のある平日でも育
児に積極的に参加する男性が増えていることが読み取れます。

おふろで教えられたことでは「生活のマナーやルール」との回答が53.1%とトップ。ただ若い年代では「九九、足し算などの算数」との回答が第1位と、世代間ギャップが明らかに。

・親や祖父母から教えられたことにおいて、世代を大きく2つに分けたところ、50代以上で「生
活のマナーやルール」が1位となった一方、 40代以下は「九九や足し算などの算数」が1位とな
りました。世代間での差が読み取れます。

おふろの温度を調査した結果、夏場は40℃以下の回答が77.1%の一方、冬場は41℃以上と回答の人が73.6%に

・夏は40℃以下でお風呂に入っている人が合計77.1%と、比較的低い温度で入浴している人
が大多数をしめていました。一方、冬は41℃以上でお風呂に入っている人が合計73.6%と逆
転し、季節ごとにおふろの温度を変えている人が多いことが分かりました。

 

お風呂で親や祖父母から教えられたこと、孫や子供に教えたことはどんなもの?

お風呂でのコミュニケーション

お風呂でのコミュニケーション

●親や祖父母から教えられたこと、自分が子どもに教えたことの両者とも「生活のマナーやルール」、「九九、足し算などの算数」が大きな割合をしめ、おふろが道徳から実学まで、幅広い教育の場であることが読み取れます。

●親や祖父母から教えられたことにおいて世代を大きく2つに分けたところ、50代以上で「生活のマナーやルール」が1位となった一方、 40代以下は「九九や足し算などの算数」が1位となり、世代間での差が読み取れます。

●「おふろの中で親や祖父母から教えられたもの」と、「あなたがおふろの中で子や孫に教えたもの」を比較すると、英単語などが大きく伸びており、世代ごとで子どもに伝えることが変化していることが分かります。

 

なぜ、「お風呂の中で教えられたもの」が必要なのか?

なぜわざわざ、「お風呂の中で教えられたもの」を取り上げたいのでしょうか。

やはり、ユニットバスの性能やデザインだけでは、差別化に限界があり、

ノーリツでは、子どもをもつ親に向けて、「入浴を通じた教育的な効果」を狙い、
「浴育」にスポットを当てています。

浴育

浴育

浴室内でのコミュニケーションは、その家族ぞの家族で違うストーリーが生まれるため、
そこを上手くつくりやすい状況を作ってあげることで、ユニットバスの売上へつなげるという流れです。

 

最近では、キッチン絡みのライフスタイル提案が増えてきましたが、

お風呂のコミュニケーションをベースにした提案もいいですね。

 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。