現場の匂いを感じさせる写真展に挑戦しませんか?

集客をするために、住宅展として、住宅の写真展を行うという手もあったりします。

モデルハウスを使ったり、時には会場を借りたり、そこに住宅の写真パネルを展示して、どんな家づくりなのかを伝えるという方法です。

下の写真は、単なる展示ですが、非常に興味深いですね。ポルトガルのリスボンでの展覧会「anticlimax: a report on the metabolist dream」の様子です。

現場の匂いを感じさせる写真展に挑戦しませんか?

the exhibition displays the current daily life of the ‘nakagin capsule tower’ in tokyo
image © fala atelier

会場写真が13枚、designboomに掲載されています。

ちなみに、飾ってある写真は、以前このブログでも紹介した中銀カプセルタワービルです。

・・・よく見るとこれ、足場?現場によく使われる足場ですよね。

凄くシンプルなように見えますが、足場と写真パネルの組み合わせが、迷路のような雰囲気を作り出してくれています。

現場の匂いを感じさせる写真展に挑戦しませんか?

overview of the anticlimax: a report on the metabolist dream
image © fala atelier

こういった展覧会は、まだ日本では見たことがないですね。

日本の国内でも、集客をするために、住宅展といった建築・住宅の写真展が開催されていたりしますが、いまいち現場の匂いがないんですよね。建築の小ぎれいさでまとまってしまっていると言いますか・・・

私も過去に住宅展や写真展を設営から手伝ってきましたが、模型や写真パネルで、どうしても小ぎれいにまとめてしまいがちになります。

だから、パンチ力がない・・・

 

現場のにおいをどうやって作っていくか?

家づくりの現場感を感じられる。これが、ありふれ始めている住宅展・写真展にパンチ力を与えてくれそうです。その一つが「現場のにおい」でしょう。

とはいえ、現場の匂いをかもし出すため、木材やカンナもいいのですが、ちょっと野暮ったくなりがちです。このような具合に、足場を上手く使えば、現場のにおいを、かっこよく再現できますよね。

建築家はぜひチャレンジしてみてください。こういう無茶は建築家でないとね(笑)


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。