現場の匂いを感じさせる写真展に挑戦しませんか?

集客をするために、住宅展として、住宅の写真展を行うという手もあったりします。

モデルハウスを使ったり、時には会場を借りたり、そこに住宅の写真パネルを展示して、どんな家づくりなのかを伝えるという方法です。

下の写真は、単なる展示ですが、非常に興味深いですね。ポルトガルのリスボンでの展覧会「anticlimax: a report on the metabolist dream」の様子です。

現場の匂いを感じさせる写真展に挑戦しませんか?

the exhibition displays the current daily life of the ‘nakagin capsule tower’ in tokyo
image © fala atelier

会場写真が13枚、designboomに掲載されています。

ちなみに、飾ってある写真は、以前このブログでも紹介した中銀カプセルタワービルです。

・・・よく見るとこれ、足場?現場によく使われる足場ですよね。

凄くシンプルなように見えますが、足場と写真パネルの組み合わせが、迷路のような雰囲気を作り出してくれています。

現場の匂いを感じさせる写真展に挑戦しませんか?

overview of the anticlimax: a report on the metabolist dream
image © fala atelier

こういった展覧会は、まだ日本では見たことがないですね。

日本の国内でも、集客をするために、住宅展といった建築・住宅の写真展が開催されていたりしますが、いまいち現場の匂いがないんですよね。建築の小ぎれいさでまとまってしまっていると言いますか・・・

私も過去に住宅展や写真展を設営から手伝ってきましたが、模型や写真パネルで、どうしても小ぎれいにまとめてしまいがちになります。

だから、パンチ力がない・・・

 

現場のにおいをどうやって作っていくか?

家づくりの現場感を感じられる。これが、ありふれ始めている住宅展・写真展にパンチ力を与えてくれそうです。その一つが「現場のにおい」でしょう。

とはいえ、現場の匂いをかもし出すため、木材やカンナもいいのですが、ちょっと野暮ったくなりがちです。このような具合に、足場を上手く使えば、現場のにおいを、かっこよく再現できますよね。

建築家はぜひチャレンジしてみてください。こういう無茶は建築家でないとね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。