60歳はまだまだ現役|ケンプラッツ

60歳はまだまだ現役|ケンプラッツ

左手の人物が大林組の上久保担当部長。「『こうやれ』ではなく、現物を一緒に見ながら『私はこう思うけれど、あなたはどう思う?』と投げかけるなど、助言の伝え方には気を遣っている」と話す(写真:大林組)

法制化の後押しもあって産業界にますます浸透する「定年延長」の波。慢性的な人材不足も背景にして、土木業界でも「60歳はまだまだ現役」とシニア技術者が長年の経験や知識を生かせる場が広がっている。

「定年延長」の動きが産業界全体で加速するなか、土木業界でも様々な側面で、シニア技術者に活躍の場が広がっている。一度は現役を退いたシニアの経験や知識を、人材育成や技術伝承に生かそうとする取り組みも本格化し始めている。

大林組では、定年の60歳を迎えた技術職を年間契約で再雇用。65歳まで契約更新が可能だ。再雇用者の働き方は、主に次の3タイプ。

  • 現場所長など現職を継続
  • 若手所長のサポート役として副所長など次席級で現場配属
  • トンネルなど特定の工種で高い専門性を持つ人は支店付きで当該工種を伴う管轄内の現場に助言

|ケンプラッツ

助言だといいけど、決定権を持たれると、若手はやる気を無くす・・・


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。