なぜ家を建てるのか、理由を話せますか?

家を建てる(買う)いうことには、建てる(買う)だけの「理由」が、必ずありますよね。理由もなしに、多額のローンを組んで、お金を出すなんてことは絶対にありません。

家に限らず、「買うのに十分な理由」があるときにだけ、どんな人もお金を払って商品を買っていきます。

【住まいと暮らしのランキング 】家を買う理由ランキング !

house

1位 賃貸では家賃がもったいないと思った(57.8%)
2位 家が狭くなった(27.1%)
3位 子どもができる(できた) (18.1%)
4位 もっと便利な場所に住みたくなった(16.3%)
5位 金利や相場が買い時だと思った (15.3%)
6位 結婚する(した) (12.9%)
7位 社宅・寮を出る/転勤・転職する (11.0%)
8位 もっと教育環境が良い場所に住みたくなった (9.1%)
9位 魅力的な物件の広告を見かけた (7.3%)

こういったアンケートを見てもわかるように、「理由」ってすごく大事です。そして、見込み客にその「理由」を納得してもらうことが必要になってきます。

もし、最後の最後で押しが弱いと感じているのなら、この3つの理由に力を入れてみましょう!

 

納得してもらうために、必ず押さえるべき3つの理由とは?

1.Why me?

なぜ、私が家を建てる(買う)べきなのか?

いくらいい土地でも、いくらいい住宅でも、「自分には関係ない」と思われてしまえば、その魅力をどれだけプレゼンしても売れません。

だから、見込み客が「自分にはこの家が必要だ」と納得する理由が必要になります。

 

2.Why you?

なぜ、あなたに家を建ててもらうべきなのか?

同じ商圏内に、似たような住宅は、他にもありますし、それをつくることができる工務店や設計事務所は、他にいることが大半です。そんな中でも、見込み客が、

「自分はこの会社に家を建ててもらうべきだ」と納得する理由が必要になります。

 

3.Why now?

なぜ今、家を建てるべきなのか?

上記のMeやYouの理由を納得し、「欲しい」「建てたい」という感情になったとしても、「他の展示場も見てから」「今、仕事で忙しいから、それが終わってから」建てようと思われてしまえば、相手のペースになり、売り込みは失敗です。

だから、見込み客が「自分は今、家を建てるべきだ」と納得する理由が必要になります。

このNowにおいては、住宅の場合、「子どもが小学校上がるまでに」など、家庭の状況に左右されやすい部分でもあります。だから、そこを乗り切るには、それ以上の理由が必要ってことですね。消費税の増税もこれに当たります。

 

以上の3つが住宅において、必ず押さえるべき理由だと感じています。最後の最後で押しが弱いと感じているのなら、理由に力を入れてみましょう!

 

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。