もっとも信頼を得やすい情報の伝え方とは?

PR
   

先日のヒトラーの話にも絡んできますが、今も昔も情報ってすごく大事です。

ただ、近年では、インターネットが発達し、ソーシャルメディアの充実により、自分に関連した情報でさえも、あふれすぎて、処理しきれなくなっているのではないでしょうか?

もっとも信頼を得やすい情報の伝え方とは?

 

よくある住宅ノウハウの誤解

「商品がよかったら売れる」とか、「ホームページがなければダメだ」とか、「景気が悪いからローコスト住宅でなければいけない」とか、惑わされていませんか?

商品の良さは当たり前になってきていますので、住み手にとってどういいのか?が必要ですよね。

ホームページも、あくまでもツールなので、上手く運用できないなら、1ページに絞って作り込むか、もしくは、ない方がましです。

景気が悪いからといって、低価格にする方法は、資本力のある大手がすればいいことです。大手ハウスメーカーのマネなんて、零細企業が一番やってはいけないことですよ。

現代は、こんな風に、誤解も生まれやすいあふれかえった情報の中にいるのです。

 

もっとも信頼を得やすい情報の伝え方

そんな中で、もっとも信頼を得やすい情報の伝え方は・・・これです!

「お客様の声を、広告に載せて、新規客を集める」

自分たちで「いい家です。」と言うよりも、数ある中から選び決めたお客さんの声の方が何倍も信憑性があります。

また、そのお客さんが、自分と同じような境遇だったり、似たシチュエーションだったりすると、とても参考になるんですよね。

だから、信頼しやすくなります。

もっとも信頼を得やすい情報の伝え方とは?

お客様の声

さらに、

・契約前
・打ち合わせ中
・工事中
・住み始めてから
・住んで5年後、10年後・・・など、

これらの声を、拾い続けるマインド(気持ち)があると、絶対にみっともない家は、提供できなくなりますよ。事例となるお客様の声は、ただ集客のツールとなるだけでなく、サービス面の向上にも役立つわけです。

 

   
PR
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。