住宅業界のファッションを変えよう!

「工務店って、何だかダサくない?」

昔、アパレルに精通している女性から痛烈に言われたことがあります。仕事ではなくて、ファッションのことです。

住宅業界のファッションを変えよう!

野球選手のファッションは、ダサいと言われるように、工務店のファッションも、確かにダサいです。

・・・否定できません(苦笑)

 

以前、モデルハウスの撮影で、施工していただいた工務店の社員の家族に、モデルとして、撮影に入ってもらったのですが、ご主人のファッションがダサいこと・・・

その時は、白黒写真でなんとか誤魔化しましたけど(笑)

ファッションと家づくりが関係ないと思っているなら大間違い

ファッションと家づくりが関係ないと思っていたなら、それは大間違いです。

ある地方で住宅の写真展をした際、いつもはスーツ姿の営業マンも、その時のイベントだけ、カジュアルな服装で対応していただきました。

イベント終わりに、接客をした営業マンが、こう言いました。

「服装を変えただけなのに、お客さんがこんなにも話してくれる!」

彼は、営業スタイルを変えたわけでもなく、服装しか変えていません。

ただ元々、スーツの着こなし方も上手い方だったので、そのカジュアルな服装もオシャレでした。

もちろん、提供する住宅のイメージも関係してきますので、必ずカジュアルな服装が良いとも限りませんが、結果として、ただ服装を変えただけで、営業しやすい状況をつくることができたのです。

家づくりとファッションには共通点がある

家づくりにコーディネートする役割があるように、ファッションにもスタイリストがいます。

ライフスタイルに必要なファッションを設計してくれて、お客様の目指す「理想のスタイル」をイメージしてくれます。

お客様の考え方や今の状況をしっかりとお聞きした上で、「どのようになりたいか」「どのような場所に行きたいか」「どのような服が必要なのか」を、ご一緒にしっかりと話し合って考えていきます。

反対に、ダメな服屋のパターンって、「似合いますね」「今年の流行りですよ」と言って、服を勧めてくるところですよね。

こういう工務店・設計事務所っていますよね(笑)

「似合うものは似合う」「違うものは違う」と伝えるところは、ファッションも家づくりも一緒

お客さん自身が気付いてもらい、お客さんの良さを最大限に引き出すために「本当に必要なもの」だけを提案していくことは、

共通していることだと感じています。

これって、家づくりと同じですよ。

住みたい家を建てる上で必要となる、材料・予算の提示を行う設計士の様に、

お客様の「理想のスタイル」を実現するために必要となる、アイテムや予算について丁寧にご説明し、お客様と共に最高のスタイルを作り上げていくスタイリスト。

服を選ぶことは、「家を設計すること」と同じくらい大事なことなのです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。