住宅業界のファッションを変えよう!

「工務店って、何だかダサくない?」

昔、アパレルに精通している女性から痛烈に言われたことがあります。仕事ではなくて、ファッションのことです。

住宅業界のファッションを変えよう!

野球選手のファッションは、ダサいと言われるように、工務店のファッションも、確かにダサいです。

・・・否定できません(苦笑)

 

以前、モデルハウスの撮影で、施工していただいた工務店の社員の家族に、モデルとして、撮影に入ってもらったのですが、ご主人のファッションがダサいこと・・・

その時は、白黒写真でなんとか誤魔化しましたけど(笑)

ファッションと家づくりが関係ないと思っているなら大間違い

ファッションと家づくりが関係ないと思っていたなら、それは大間違いです。

ある地方で住宅の写真展をした際、いつもはスーツ姿の営業マンも、その時のイベントだけ、カジュアルな服装で対応していただきました。

イベント終わりに、接客をした営業マンが、こう言いました。

「服装を変えただけなのに、お客さんがこんなにも話してくれる!」

彼は、営業スタイルを変えたわけでもなく、服装しか変えていません。

ただ元々、スーツの着こなし方も上手い方だったので、そのカジュアルな服装もオシャレでした。

もちろん、提供する住宅のイメージも関係してきますので、必ずカジュアルな服装が良いとも限りませんが、結果として、ただ服装を変えただけで、営業しやすい状況をつくることができたのです。

家づくりとファッションには共通点がある

家づくりにコーディネートする役割があるように、ファッションにもスタイリストがいます。

ライフスタイルに必要なファッションを設計してくれて、お客様の目指す「理想のスタイル」をイメージしてくれます。

お客様の考え方や今の状況をしっかりとお聞きした上で、「どのようになりたいか」「どのような場所に行きたいか」「どのような服が必要なのか」を、ご一緒にしっかりと話し合って考えていきます。

反対に、ダメな服屋のパターンって、「似合いますね」「今年の流行りですよ」と言って、服を勧めてくるところですよね。

こういう工務店・設計事務所っていますよね(笑)

「似合うものは似合う」「違うものは違う」と伝えるところは、ファッションも家づくりも一緒

お客さん自身が気付いてもらい、お客さんの良さを最大限に引き出すために「本当に必要なもの」だけを提案していくことは、

共通していることだと感じています。

これって、家づくりと同じですよ。

住みたい家を建てる上で必要となる、材料・予算の提示を行う設計士の様に、

お客様の「理想のスタイル」を実現するために必要となる、アイテムや予算について丁寧にご説明し、お客様と共に最高のスタイルを作り上げていくスタイリスト。

服を選ぶことは、「家を設計すること」と同じくらい大事なことなのです。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。