この質問は必ずしてください!

ダメ業者・悪い業者って必ずいますよね。

ホームページが流行り始めた時代、
WEB制作会社に騙された工務店も
多いのではないでしょうか。

だから、その見分け方は、とても大切です。

見分け方の重要なポイントになるのが、

“お客様に「どんな問題を抱えているのか?」を聞くかどうか”

ということ。

人は抱えている問題を解決するためにお金を払います。

制作業者やコンサルタントが、
サービスを提供する前に、

「どんな問題を抱えていたのですか?」
と質問をしなかった場合、

これは、確率的に結果の残しにくい業者
と思っていいと思います。

例えば・・・

情報はお客様に提供してもらい、
それを当てはめ、デザインを綺麗にして納品する
WEB制作会社とかチラシ制作会社とか・・・

お客様と業者の2方向でコンテンツを
決定してしまうコンサルタント会社とか・・・

これでは、よほど
自身ができていないかぎり、
結果はついては来てくれません。

お客様に対して、

「どんな問題を抱えているのか?」
「どんな悩みがあったのか?」

という、話を聞く作業は必須です。

実は、この質問すると、
結構高い質の情報(素材)を
集めることができるんです。

だから、この質問は、

あなたが制作会社などから
聞かれるべき質問であり、

あなた自身も
施主に聞くべき質問なのです。

見込み客や既存客の事を
知らないままでは、
いい仕事はできないですし、

本当に来てほしいお客さんすら、
集客できないですよ。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。