お客さんを失わない仕組み=●●●●させること

昨日書いた、
「お客さんを失わない仕組みをつくる」

これが頭の中でモンモンとしていて、
手が止まっていたのですが、

答えは簡単でした。

「お客さんを失わない仕組みをつくる」とは、
「リピートさせること」です。

実はこれ、住宅業界が
一番苦手としていることなんです。

住宅のビジネスモデルは、単発型なので、
リピートという概念がありません・・・

リフォーム?といっても、10年後では、
リピートとは言いづらいです。

他の業界には1回買っても、
また買うというリピートがあります。

車ですら、2~3年で下取りにだし、
買い替える方は多いです。

他の業界が、リピートを獲得するのに
力を入れるのは、新規顧客に比べて、
コストが圧倒的に少なくてすむからです。

知人の整体師からは、
「新規客の獲得はいらないから、
既存客のリピート率を上げたい」
という言葉も出てくるくらいです。

だから、

リピートという考え方は、
お客さんを逃さないようにするのに
最適なのですが、

住宅業界では、何で
リピートさせるべきでしょうか?

今のところ、私が思いつくのは、
費用対効果からみてもホームページです。

ホームページといっても、
単にペラ1枚の薄いものではなく、

・コンセプト(家づくり考え方)
・施工例、設計例
・お客様の声
・ブログ
・家づくりの知識   など、

資産として扱えるくらい
情報量が豊富なホームページをさします。

2回目以降も見に来てもらえるように、
リピートさせるためには、

・最初の1回では見切れないくらいの豊富な情報量
・頻度の高い更新
・サイトを見に来るお客さんが欲しい情報の掲載

が必要になります。

お客さんに家づくりの1から10まで
伝えようとすると、たかが数時間では、
伝えきれないはずですよね。

住宅って、他の業界に比べても、すごく奥深く
豊富な情報を持っているはずなんです。

だからこそ、それをホームページなどの、
コンテンツにして、もっと発信できるように
すべきなんですね。

24時間365日、文句も言わず、
指示した通りに働くのが、ホームページです。

指示さえきちんとすれば、ホームページに
再訪させることだってしてくれます。

住宅業界はWEB系に弱いとされています。

その理由は、単に高齢化、
ガラパゴス化だけでなく、

リピートさせるという考え方が
ないからだと感じています。

・ホームページに再訪問させる
・見学会に再来場させる
・家づくりを再体験させる

など、リピートさせることが、

これからの住宅には必要ですし、
成功にも大きく影響してきます。

もう住宅は即買いの時代ではないのです。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。