集客しても他社へ流れてしまっては意味がない

実は、視力が悪く、
コンタクトレンズ利用者です。

 

かなり昔に、自分の不衛生から、
目に小さな傷をつけてしまい、
2年ほどメガネ生活をしていたことがあります。

傷が癒えてからは、それ以来、
半強制的に検査に行かざるをえないよう、
1dayに切り替えました。

 

で、今使っているのは、
メニコンの定額制・メルスプランです。

集客しても他社へ流れてしまっては意味がない

http://www.menicon.co.jp/mels/

 

元々は、メニコンのライバル会社を
利用していましたが、昨年、

たまたま仕事で引っ越しした地域が
そのライバル会社が対応していなくて、
最寄りのメニコンを利用することに・・・

 

説明を聞いて、興味深かったのが、
「コンタクトレンズの定額制」です。

 

元々、コンタクトレンズの大手は全て、
その都度の販売型だったので、

ユーザーは、コンタクトがきれそうになると、
他のメーカーに乗り換えるタイミングが
生まれてました。

例えば、いいタイミングで
他社の割引キャンペーンがあったりとか・・・

 

他社へ乗り換えられると
メーカーとしては痛手ですよね。

 

ここにメニコンは定額制という考え方を
持ち込んだのです。

 

メニコンからのエンドユーザー向けの説明は、

月々の費用を払うことによって、
問題が生じた場合にコンタクトレンズを
無償交換しようといったものなのですが、

 

メニコン側からすると、

・月々の売上の予測がつき、
・レンズがきれそうになったとき、他社へ移りにくい

というメリットがあります。

 

月々の売上の目途が立つのもいいですが、
なにより、お客さんを失いにくいのは大きいですね。

 

「お客さんを失わない仕組みをつくる」
ってかなり重要ですね。

自分もよほどのことがない限り、
メニコン以外に移ることはないでしょう。

 

住宅の場合、1棟何百万という粗利が流れる

住宅でも、どんなに集客して集めても、
他社へ流れてしまっては、意味がありません。

 

やらしい話、1棟辺り何百万という粗利ですから、
他社を誹謗中傷してでも契約を取りたいという方もいることでしょう。

 

さらに、建てる前だけでなく、
建てた後も、つながりを持つことで、
口コミにもつながっていきます。

 

もちろん、集めることの方が大事ですが、
それを他社へ流さないようにすること
同じくらい大事ですね。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。