なぜ住宅の最新技術は普及しないのか?

「ENEX2014 第38回地球環境とエネルギーの調和展」に行ってきました。

外会場の離れには、エネマネハウス2014ということで、

なぜ住宅の最新技術は普及しないのか?

経済産業省資源エネルギー庁の事業の一環として、大学と企業の連携により、
“2030年の家”をテーマに、“エネルギー”、“ライフ”、“アジア”の3つのコンセプトの下、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウスが5棟、展示されています。

なぜ住宅の最新技術は普及しないのか? なぜ住宅の最新技術は普及しないのか? なぜ住宅の最新技術は普及しないのか? なぜ住宅の最新技術は普及しないのか?

「平成25 年度住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業」の一環として、
先進的な技術をいち早く市場に展開すべく、先端的な技術を取り込んだ
ゼロ・エネルギー・ハウスの実証および展示です。

技術は先進的でしたよ。

  • 慶應義塾大学
  • 芝浦工業大学
  • 千葉大学
  • 東京大学
  • 早稲田大学

住宅の最新技術の最大課題は普及させること

いつものことなのですが、こういった住宅の最新技術の課題は、頭の良い方たちばかりで考えるためか、金額が高くついてしまったり、技術的にハイレベルだったり、手間が多くかかってしまったりと、一番数が多いとされている1500万~2000万円未満の一般的な住宅に、普及していかないんですよね。長期優良住宅がいい例かもしれません。

もちろん、最新技術の追及はしていかなければいけないですが、それと同じくらい、一般層に普及させることも大事ですよね。

金持ちだけが取り入れることのできる最新技術、ハイレベルな人だけが作ることのできる最新技術では、 何も変わっていかないですしね・・・

それにしても・・・

osb合板で接着剤臭いし、シナベニヤでツンと臭いがするし、デザイン性も高いわけでもなく、壁の緑化も見せ方がひどかったですね・・・

建築レベルではあまり良いとは言えないですよ(苦笑)

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。