シングルマザーの育児と仕事の両立を支援する住宅|新建ハウジング

PR
   
シングルマザーの育児と仕事の両立を支援する住宅|新建ハウジング

自然素材を使った健康住宅を提案するベリーホーム(愛媛県今治市)は、2月4日よりシングルマザー向けに育児と仕事の両立を支援する住宅「X1(エックスワン)シリーズ」を発売した。

シングルマザーの家庭では、(1)収入、(2)子供の健康、(3)子供の教育の3つの悩みを抱えているケースが非常に多いとする。母親が多くの時間を仕事に割けば、子供の健康的な食事に時間をかけられなくなるといった場合だ。

X1住宅に居住する家庭は、同社が松山市に経営する保育園に、割引価格で優先的に子どもを預けることができる。さらに通常の保育時間に加え、週に2回、2時間の延長サービスが受けられる。保育園では、玄米や野菜を多く使った健康的な食事を提供するとしている。

X1住宅は1345万円で販売。68m2と少し小さめの住宅とすることでこの価格を実現した。ただし使用する建材などについては、同社が通常施工する住宅と同品質を維持しているという。また冷蔵庫や液晶テレビ、カーテンといった家具・家電が無償で提供される。|新建ハウジング

シングルマザーは確実に増えてきます。地域のシングルマザーは地域の工務店が支えてほしいですね。

   
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。