住宅業界のスタバはまだいない!?

ブランドって何でしょうか?wikipediaでは、

ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。

のことを指しています。だから、強いブランドは、

「良い商品」と「他にはない魅力的な体験」が組み合わさった時、生まれます。

例えば、購買体験ができる「IKEA」

IKEAは、自分でカゴを押しながら、展示されている低価格でデザイン性の高い商品をリストアップし、店内の一番最後にある倉庫から、リストアップした商品メモを元に、ほしい商品を自分で探し出すしくみになっています。

ラーメン屋に個室カウンター持ちこんだ博多ラーメン「一蘭」

普通ラーメン屋のカウンターは、隣同士の境がないのですが、「味集中カウンター」と呼ばれる個室をつくることで、

  • 隣を気にせず、味に集中できる
  • 女性でも気にせず、ラーメンを楽しめる

ということを提供しています。

そして、スターバックス

こういったブランド戦略で最も素晴らしいのが、スターバックスです。

住宅業界のスタバはまだいない!?

「スターバックスはコーヒーを売っているのではない。体験を売っているのだ」

スターバックス(スタバ)は、「ザ・サードプレイス」という店舗コンセプトを軸に、日常で手に届く少しリッチな時間を提供し、体験デザインでブランドを作り上げた象徴的な企業です。ロゴやグラフィック、店舗のデザイン、店内音楽、スタッフ教育などの、ブランドのデザインは非常にレベルが高いです。

一昔前、コーヒーと言えば、男性的で渋く、うんちくやこだわりがあるイメージが強かったのですが、スタバが日本にできてから、「女性も利用できる」「カジュアルでおしゃれ」「ファッション感覚に近い」という感覚になってきた気がします。

住宅業界のスタバはまだいない!?

カウンターというのもスタバが初なんだそうです。S・M・Lではなく「ショート」「トール」「グランデ」といった大きさ。

オーダーは、コーヒー豆の種類ではなく、ラテ、モカ、エスプレッソ、フラペチーノ等、飲み方の提案しています。物ではなく、スタイルの提案ですね。

会計を済ませると、受け取りは別の場所になり、待っていると、目の前で自分がオーダーしたコーヒーを作ってくれる様子がうかがえます。この流れはお寿司屋さんのカウンターに似ていて、ちょっとした「自分だけの出来立て」という特別感が得られます。

そして、渡されるカップには、口もとに穴の開いた見慣れないフタがついています。

私も初めて、スタバに行ったときは、何だかワクワクさせられました。

こういったスタバ独特の体験が、他の日本のコーヒー体験と比べ、区別し、スタバを自分の中でブランドとして認識していきます。

スタバがすごいのは、ロゴ、グラフィック、パッケージなどといったデザインだけでなく、気持ちをワクワクさせる他にはない体験ですよね。

もしスタバが、他の日本のコーヒー店と同じように提供していたら、様々なデザインがいかに優れていたとしても、この成功はなかったかもしれませんね。

住宅業界のスタバはまだ現れていません

  • コンセプトが明確。
  • デザイン性が高い。
  • 物ではなく、スタイルで提案している。
  • 他にはない特別なワクワク感がある。
  • 手間は掛けるが、効率的にも悪くない。
  • 価格は安すぎることはないが、いうほど高くはない。
  • スタッフのレベルが高い ・・・

・・・など、走行守そろった住宅業界のスタバ、目指したいですね。

デザイン性が高くても、スタッフのレベルが低かったり、技術レベルは高くても、価格が手の届かないほど高かったり、低価格で届きやすいけど、ワクワク感がなかったり、

・・・というところが多いので、住宅業界のスタバを目指すのはありですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。