新しい不動産サイトから学ぶ、住宅サイトのつくり方

昨年の秋頃、面白い不動産サイトがオープンしました。

Concent不動産

新しい不動産サイトから学ぶ、住宅サイトのつくり方

Concent不動産

Concent不動産は、高円寺のWEBマガジン「Concent」から生まれた不動産屋さんです。

 

高円寺を愛するひとへ、ビビッと通電!高円寺のWEBマガジン【Concent】

新しい不動産サイトから学ぶ、住宅サイトのつくり方

高円寺を愛するひとへ、ビビッと通電!高円寺のWEBマガジン【Concent】

 

高円寺という街を知り尽くしたスタッフが、
独自のネットワークで見つけたたのしい賃貸物件を、
これまた独自の視点でご紹介致してくれます。

街もお部屋の一部と捉え、おいしいシチューのお店や、
へんてこマスターのいるBARを知っている方だからこそ、
そこに住む「理由」を伝えてくれます。

 

これまでの不動産サイトに多い、

  • 写真が見にくい
  • 他と同じ物件ばかりが並ぶ
  • おしゃれじゃない

といったところにメスを入れたサイトになっています。

 

例えば、

  • 物件詳細ページには物件ごとにそれぞれの物件イメージに合ったモデルを起用。
  • 部屋探しだけでなく、モデルを見て楽しむコンテンツ。
  • 単なる物件紹介ではなく、高円寺のライフスタイルを熟知した専門のライターが実際に部屋を取材し、部屋の良いところから悪いところまで、個性豊かに解説する。

 

物件紹介もひとつひとつブログ記事になっています。

タイトルからもわかるように、ちょっとしたマガジン風に女性モデルを入れて編集され、うまく表現しています。

 

さらに、こんな宣言をしています。

  • 物件数は少なめですよ宣言
  • しつこい営業好きじゃないです宣言
  • 物件のおかしなとこ伝えたい宣言
  • 車でぐるぐるまわらない宣言
新しい不動産サイトから学ぶ、住宅サイトのつくり方

 

高円寺に特化して、掲載している物件数も限られていますが、
ピンポイントで部屋を探したい人にはいいですね。

高円寺が好きで、高円寺に住んでもらって、高円寺を良くしたい。
という気持ちが伝わってきます。

「 物件を提案するのではなく、ライフスタイルを提案する」

 

「ひとつひとつの物件を魅せる記事として読ませる」

というのは住宅業界でも応用が効きます。

  • 写真を見やすくする。
  • 他と同じような住宅にしない。
  • デザイン性を高める。
  • 住宅だけでなく、住まい手のライフスタイルも見て楽しめるコンテンツにする。
  • 単なる建物の紹介ではなく、ライフスタイルを中心に、良いところから悪いところまで、個性豊かに紹介する。

 
こういったアプローチを導入することで、
「つい読んでしまう」粘着力のある良いサイトを作れますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。