千葉県で木造仮設住宅施工講習を開催|新建ハウジング

PR
   
千葉県で木造仮設住宅施工講習を開催|新建ハウジング

千葉県内の地域建築業者でつくるちば木造建築ネットワーク(竹脇拓也会長)は、台風や大震災などで住まいを失った県民のために建設する木造応急仮設住宅の施工講習会を2月13日千葉市内で開催。地元の工務店から約20人、大工約40人が参加した。|新建ハウジング

空間をつくるチカラって大事ですね。同時にその空間をつかうチカラも身に付けさせる方法も必要。

   
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。