2030年のゼロエネ住宅、産学混成5チームが競う|ケンプラッツ

IMG_2122 (4)

2030年に普及可能なZEH(ゼッチ、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を大学と住宅会社や建材・設備メーカーが共同してつくり、エネルギー消費量などを実測して性能を競う――。省エネ住宅の開発と普及を促す日本初の大会「エネマネハウス2014」が1月下旬、東京ビッグサイト(東京都江東区)の駐車場で開かれた。|ケンプラッツ

この手の話って、F1に近いものがあるよね。最先端の技術で争って、好きなマニアがいて、一般の方には程遠い・・・みたいな。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?