「お客様の声」を載せているのに結果がでないのはなぜ?

少し前の話ですが、渋谷に予定があり、その予定が終わり、昼ご飯を皆でということで、近くのタイ料理を食べに行ったんです。以前、その店には行ったことがあり、美味しいということはわかっていたので、自信を持って「行きましょう」ってことで、皆をお店に案内したのですが・・・

他の皆は、不安だったようです。なぜ?って、タイ料理を見たことも食べたこともないから。

ちなみにこんなお店です。地下だからお店の中が見えないのです。
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13128650/

thai

by 食べログ

料理なんて食ってみるまでうまいかどうかわからない。ましてや、見たこともない料理ならなおさら。

 

これって、どんな商売でもそうですよね。

マッサージであったり、美容院であったり、「受けてみるまで分からない」という返事です。

そりゃそうですよね。なぜなら、実際に受けてみるまで実際に食ってみるまでその味なんて正直分かりません。住宅だってそうです。住んでみるまでわかりません。

でもそういうわけにはいかないから、お客さんというのは何を信じて選んでいるのか?というと、

自分とよく似てる人たちがどういう評価をしているのか?また、誰が推薦しているのか?

というところで選んでいたりします。

実際、私もこの店をネットの検索で知り、口コミを見て、実際に食べてみて、今回、誘ったのです。

最初調べた時は、キャッチコピーに、

「食べログ採点はなぜか低いですが(@_@;)味、価格、雰囲気すべてに自信あります!!」

なんて、自虐自賛な言葉だったので、悩んだのですが、行ったキッカケになったのが、

  • CP(コストパフォーマンス)抜群!
  • 若干日本人向けに食べやすくアレンジされたタイ料理
  • 辛い料理が好きな方にはオススメですね~。

というお客さんのコメントです。その他にも、自分の世代が近い方のコメント者も多く、それもキッカケのひとつになりました。

 

あなたのホームページや広告はどうだろうか?

主観的に、最高とか、地域一番、地域密着だとかという言葉を使っていないだろうか?その言葉は顧客にはまず届きません。99%届かないです。

なぜなら、一人称(自分)だけの評価なんて、誰も信じないからです。

 

〇〇の家は、夏涼しく冬暖かく、家中の温度差が少ない、自然素材を使った高気密高断熱住宅で地域ナンバーワンです。スタッフは誠実で明るく、要望も聞いて、子供にもやさしいです。

なんていうのを自分で言うよりも、たとえ同じ意味合いだったとしても、他人から、

◯◯の家は、冬場も全然寒くないんですよ。杉の床材も温かくて、体にやさしい気がします。スタッフの〇〇さんは、こだわりを最後まで聞いてくれて、子供の相手もしてくれて、私からもおすすめしたいです。

と言われたほうが、信憑性・信頼性も高くなりますよね。

 

だからといって、都合のいい「お客様の声」を適当に載せているのはダメです。

とりあえず、手書きの「お客様の声」があるから載せとこうみたいな感じで、適当に掲載されたもので、顧客を振り向かすのは難しいです・・・なぜなら、

その声の信憑性・信頼性はどう証明できますか?

自分たちで語る言葉以上に、「お客様の声」はとても大事だけど、さらにそこには信憑性・信頼性が必要になってきます。それは、チラシであれホームページであれ、同じです。その信憑性・信頼性を、

  • どういうふうに証明できるだろうか?
  • その証拠はどう説明できるだろうか?

「お客様の声」が結果に結びつかない理由はここにあります。

 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。