ポジションと表現がズレるとダメ!

仕事が上手くいっている方に
共通しているのが、

大きく分けて、この3つのポジション
だと言われています。

1.C(コンビニエンス)・・・便利性、便宜性など
2.F(フレンドリー)・・・親近感、好感など
3.P(プロフェッショナル)・・・専門性

あなたはどれに当てはまるでしょうか?

3つ全てを満たしている方は
そういないです、、、

だからといって、どれか一つに
偏っている方も少ないですが、

なんとなく、自分はこれだな
というのがありますよね。

これ、個人だけではなく、
コンセプトにも当てはまります。

例えば、デザイン系を売りにするのでも、

プロフェッショナルでいくのか、
親近感があるフレンドリーさでいくのかによって、

カタログやホームページなどに使う、
言葉や写真なども変わってきます。

プロフェッショナルなら、
プロフェッショナルを求める方が惹かれる

言葉や写真を使わなければなりません。

フレンドリーさなら、
フレンドリーさを求める方が惹かれる

言葉や写真を使わなければなりません。

自然素材系だって同じです。

ポジションと表現がズレていると、
伝えたいこともうまく伝わらないので、
うまくいきません。

ズレがないようにしてくださいね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?